ソバナ

Adenophora remotiflora

  • ソバナ
  • ソバナ
  • 花名
    ソバナ
  • 学名
    Adenophora remotiflora
  • 別名岨菜, Sobana
  • 原産地日本、朝鮮半島、中国
  • 開花場所低山
  • 開花期7月, 8月, 9月

ソバナとは

ソバナ(岨菜、学名:Adenophora remotiflora)は、日本・朝鮮半島・中国原産で、キキョウ科ツリガネニンジン属の多年草です。夏に切り立った崖上に自生し青紫色の鐘形の花を咲かせます。花名の由は切り立った険しいところという意味のそま(岨)に生えるから来ています。花は観賞用に、若芽は食用となります。

一般名:ソバナ(岨菜)、学名:Adenophora remotiflora、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キキョウ科ツリガネニンジン属ソバナ種、原産地:日本・朝鮮半島・中国、分布:本州〜九州、環境:山地の森林内、生活型:多年草、草丈:80〜100cm、
葉形:広披針形〜広卵形、葉柄:茎の下部のみにつく、葉序:互生、葉縁:鋸歯、花序形:疎らな円錐花序、花色:青紫、花径:3cm、開花期:7〜9月、花形:釣鐘形、雌蕊:花冠内に収まる。


  • キク
  • キキョウ
  • ツリガネニンジン
  • ソバナ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    鐘形
  • 葉形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ80.0 ~ 100.0 cm
  • 花径3.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花