エクメア・ブランケティアナ

Aechmea blanchetiana

  • エクメア・ブランケティアナ
  • エクメア・ブランケティアナ
  • エクメア・ブランケティアナ
  • エクメア・ブランケティアナ
  • エクメア・ブランケティアナ
  • エクメア・ブランケティアナ
  • エクメア・ブランケティアナ
  • エクメア・ブランケティアナ
  • 花名
    エクメア・ブランケティアナ
  • 学名
    Aechmea blanchetiana
  • 別名Aechmea blanchetiana, bromeliad, ブロメリア, Yellow aechmea blanchetiana
  • 原産地ブラジル
  • 開花場所亜熱帯地域
  • 開花期3月, 4月, 5月

エクメア・ブランケティアナとは

エクメア・ブランケティアナ(学名:Aechmea blanchetiana)は、ブラジル大西洋岸に自生する、パイナップル科サンゴアナナス属の常緑多年草です。樹上に着生します。エクメアの最大品種の一つでです。根際から生えるロゼッタ状の根生葉が太陽の日差しで明るく輝くので庭が明るくなります。葉色は日差しや内包する水分量により変わります。葉を太陽に充てると赤くなり、日陰だと薄黄色になります。また、水分が多いと葉は緑色になります。細長く滑らかで棘がない根生葉の中央から、橙色い長い花茎を立ち上げます。花茎先端から花序を伸ばし、黄色と赤の花苞ができ、サーモンピンクの小花を咲かせます。花は開花後にすぐ枯れます。

一般名:エクメア・ブランケティアナ(Aechmea blanchetiana)、学名:Aechmea blanchetiana、分類名:植物界被子植物単子葉類イネ目パイナップル科サンゴアナナス属、別名:Yellow Aechmea Blanchetiana、ブロメリア(bromeliad)、原産地:ブラジル、環境:樹上に着生、生活型:常緑多年草、着生植物、草丈:60〜200 cm、根生葉:ロゼッタ状、葉形:楕円形、葉身長:45~90 cm、葉幅:3~5 cm、葉縁:棘無し、葉色:橙(日に当たれば)、明黄色や明黄緑色、葉質:細長く滑らか、葉形:広線形、観賞期:1~12月(観葉植物)、花序形:円錐花序、花序長:10 cm、花序径:15~20 cm、花色:ピンク、サーモン、開花期:春、花弁:開かず3日で終わる。


  • イネ
  • パイナップル
  • シマサンゴアナナス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型常緑多年草
  • 花の色桃 黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ60.0 ~ 200.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.7 cm

ランダムな花