ラセイタソウ

Boehmeria biloba

  • ラセイタソウ
  • ラセイタソウ
  • ラセイタソウ
  • ラセイタソウ
  • 花名
    ラセイタソウ
  • 学名
    Boehmeria biloba
  • 別名羅背板草, Rasaytasou
  • 原産地日本
  • 開花場所海岸
  • 開花期7月, 8月, 9月

ラセイタソウとは

ラセイタソウ(羅背板草、学名:Boehmeria biloba )は、日本特産で、イラクサ科カラムシ属の多年草です。北海道~紀伊半島の太平洋岸の海岸で岩場に自生しています。夏の海岸で縮緬状の葉に肌色の花穂をつけます。海岸の岩場に生息するため水分の確保が難しいため、葉は縮緬状で厚みを持ち、葉の表面積を最大にしています。また、強風に耐えるため茎が短いなどの適応を行っています。

一般名:ラセイタソウ(羅背板草)、学名:Boehmeria biloba 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目イラクサ科カラムシ属 、分布:北海道~紀伊半島の太平洋岸、環境:海岸の岩場 、草丈:30~50cm、葉長:10~15cm、葉序:対生、葉形:広卵楕円形、葉縁:鋸歯有、株:雌雄同種、開花期:7月~9月、花色:薄黄褐色、花径:0.3cm


  • バラ
  • イラクサ
  • カラムシ
  • ラセイタソウ
  • 花のタイプ
    その他
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型海岸性の多年草
  • 花の色薄黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 50.0 cm
  • 花径0.3 ~ 0.3 cm

ランダムな花