コバンソウ

Briza maxima

  • コバンソウ
  • コバンソウ
  • コバンソウ
  • コバンソウ
  • 花名
    コバンソウ
  • 学名
    Briza maxima
  • 別名タワラムギ, 小判草, 俵麦
  • 原産地ヨーロッパ
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期7月, 8月, 9月

コバンソウとは

コバンソウ(小判草、学名:Briza maxima)は、ヨーロッパ原産の帰化植物で、イネ科コバンソウ属の一年草です。夏に、直立した茎上部の細枝から、楕円形をした蓑虫似の可愛い小穂を鈴なりに垂下して咲かせます。日本へは明治時代に観賞用として渡来したものが逸出して広まった雑草です。花名の由来は、小穂を構成する小花の形と成熟した時の黄褐色が江戸時代の通貨である小判に見えることに拠ります。また、小花の形が俵形に見えることからタワラムギ(俵麦)とも呼ばれます。

一般名:コバンソウ(小判草)、学名:Briza maxima、別名:タワラムギ(俵麦)、分類名:植物界被子植物単子葉類イネ目イネ科コバンソウ属、原産地:ヨーロッパ、生息分布:本州中部以南、環境:道端・荒地、草丈:10~60 cm、葉形:細長、葉長:0.5 cm、葉幅:1 cm、毛:無毛、葉縁:ざらつく、花序形:円錐花序、花冠形:小穂、開花期:7月〜9月、小穂:10数個の小花から形成、小花形:左右に扁平で鱗片が膨らんだ楕円形、小花長:2 cm、小花幅:1 cm、小花色:全体に薄緑→黄褐色(頭部にある一対の包穎は茶色)。


  • イネ
  • イネ
  • コバンソウ
  • コバンソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    小穂
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    その他
  • 生活型一年草の雑草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 60.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花