御衣黄

Cerasus serrulata ‘Gioiko’

桜シリーズ29.御衣黄

  • 御衣黄
  • 御衣黄
  • 御衣黄
  • 御衣黄
  • 御衣黄
  • 御衣黄
  • 御衣黄
  • 御衣黄
  • 花名
    御衣黄
  • 学名
    Cerasus serrulata ‘Gioiko’
  • 別名桜, サクラ, 御衣黄, ギョイコウ
  • 原産地日本の園芸品種
  • 開花場所
  • 開花期4月, 5月
  • 花言葉心の平安

御衣黄とは

ギョイコウ(御衣黄、学名:Cerasus serrulata ‘Gioiko’)は、バラ科サクラ属オオシマザクラ系サトザクラの園芸品種です。4月中旬~5月上旬に、花弁が淡黄緑色で緑色の太筋が入る八重咲き大輪花を咲かせます。花色は開花時は緑色ですが、開花後数日で黄色になり、さらにピンクの帯が入って花弁中央が赤くなります。花名の由来は昔の貴族が着た衣装「御衣」の萌黄色に似ていることに拠ります。

似た桜の木


薄黄色の桜にウコンザクラ(鬱金桜)、学名:Cerasus Sato-zakura Group ‘Grandiflora’ があります。御衣黄の方がより緑色をしていますが、御衣黄は鬱金の枝変わり品種とされます。

御衣黄(ギョイコウ)の学名、花言葉は


一般名:ギョイコウ(御衣黄)、学名:学名 :Cerasus serrulata ‘Gioiko’、又は、Cerasus Sato-zakura Group ‘Gioiko’ 、又名:Gioik、緑桜、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類バラ目バラ科サクラ属、生活型:落葉広葉中高木、樹形:盃状、樹高:5~10m、樹皮:暗褐色、葉色:緑→紅葉、葉針長:5~8 cm、葉縁:鋸歯有、花色:緑色→黄→黄+桃帯、花弁数:12~14枚、咲き方:大輪八重咲き、開花期:4月中旬~下旬、花径:4~5 cm、花言葉:心の平安。


  • バラ
  • バラ
  • サクラ
  • ギョイコウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    バラ形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 500.0 cm
  • 花径4.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花