スイカ

Citrullus lanatu

  • スイカ
  • スイカ
  • スイカ
  • スイカ
  • スイカ
  • スイカ
  • 花名
    スイカ
  • 学名
    Citrullus lanatu
  • 別名Watermelon, Citrullus lanatu
  • 原産地熱帯アフリカのサバンナ地帯や砂漠地帯
  • 開花場所
  • 開花期

スイカとは

スイカ(西瓜、学名:Citrullus lanatu)は、熱帯アフリカのサバンナ地帯や砂漠地帯原産で、ウリ科スイカ属の蔓性一年草及びその果実です。雌雄異株です。夏に、葉腋から黄色い花を咲かせます。日本でスイカの果実と言えば、球状で緑色地に濃緑色の波状模様があります。一方、外国産のものは長楕円形で緑地に薄緑色の線状模様が入っているか模様無しが多いです。果肉は赤く水分が90%と多く甘く、中に艶のある黒く平らで小さい種子が多数散在します。果肉色には黄色いものもあります。種子は食べません。日本では、スイカの果実は夏に出回りよく冷やして食べるのが夏の風物詩となっています。直径が小さい小玉スイカと呼ばれる矮小スイカも作られています。

一般名:スイカ(西瓜)、学名:Citrullus lanatu、別名:Watermelon(ウォーターメロン)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類スミレ目ウリ科スイカ属、原産地:熱帯アフリカ、蔓長:200~300cm、葉身長:25cm、葉序:互生、花序形:単生、花径:3.5cm、花色:黄、結実期:6~8月(7月の出荷が多い)、果実形:球形、楕円形、果肉色:赤、黄、外皮色:薄緑地にギザギザした波状の深緑色線または模様無し。


  • ウリ
  • ウリ
  • スイカ
  • スイカ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    高杯形
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    欠刻状
  • 生活型蔓性一年草及びその果実
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ200.0 ~ 300.0 cm
  • 花径3.5 ~ 3.5 cm

ランダムな花