黒花狼牙

Comarum palustre

  • 黒花狼牙
  • 黒花狼牙
  • 花名
    黒花狼牙
  • 学名
    Comarum palustre
  • 別名クロバナロウゲ
  • 原産地日本~中国などのアジア大陸や北米のなどの北方地域
  • 開花場所庭, 畑
  • 開花期6月, 7月
  • 花言葉希望

黒花狼牙とは

クロバナロウゲ(黒花狼牙、学名:Comarum palustre)は、日本~中国などのアジア大陸や北米のなどの北方地域の河岸や湖岸に分布するバラ科クロバナロウゲ属の多年草或いは低木です。日本では北海道~本州中部の亜高山に分布し、尾瀬では湿原に自生します。花は、「黒花」と言うより暗い赤紫色~暗紫褐色をしています。花弁より萼片が大きく目立ちます。花言葉は希望です。
花を見て、キイチゴ(木苺)の類かと思いましたが、葉っぱの形が違うので調べ直しました。

一般名:クロバナロウゲ(黒花狼牙)、学名:Comarum palustre、又名:marsh cinquefoil、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科クロバナロウゲ属、開花期:6月下旬~8月、草丈:30~40cm、葉形:奇数羽状複葉、小葉形:長楕円形、葉縁:鋸歯、葉序:互生、花序形:集散花序、花形:花色:暗い赤紫色~暗紫褐色、花径:1.5~2.5cm。


  • バラ
  • バラ
  • クロバナロウゲ
  • クロバナロウゲ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    集散花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    奇数羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型多年草或いは低木
  • 花の色赤 紫
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 40.0 cm
  • 花径1.5 ~ 2.5 cm

ランダムな花