ハルシャギク

Coreopsis tinctoria

  • ハルシャギク
  • ハルシャギク
  • ハルシャギク
  • ハルシャギク
  • ハルシャギク
  • ハルシャギク
  • ハルシャギク
  • ハルシャギク
  • 花名
    ハルシャギク
  • 学名
    Coreopsis tinctoria
  • 別名春車菊, カリオプシス, ジャノメソウ, ジャノメギク, Coreopsis
  • 原産地北米中西部
  • 開花場所
  • 開花期6月, 7月, 8月
  • 花言葉上機嫌

ハルシャギクとは

ハルシャギク(春車菊、学名:Coreopsis tinctoria)は、北米中西部原産で、キク科ハルシャギク属の一年草の帰化植物です。蛇の目模様に見えることから、別名でジャノメギク(蛇目菊)やジャノメソウ(蛇目草)とも呼ばれます。代表的な品種は花弁先端が黄色で、内側が朱赤です。日本には明治初期に渡来しました。草丈は60~80 cmで、30 cm程の矮性品種もあります。葉は細い羽状複葉で対生につきます。他に、黄色い単色や、濃赤褐の単色もあります。草丈が低い矮性品種の他に、八重咲き品種もあります。種が零れればすぐ生えてくる程丈夫で野生化しています。気候が厳しい時期以外ではいつでも開花しますが、秋播きの場合は6月~8月に開花します。花径は3~4 cm程です。花後に成る果実は南京虫のような形をしています。用途は花壇やプランター、鉢植え、切り花とされます。

一般名:ハルシャギク(春車菊、波斯菊)、学名:Coreopsis tinctoria(カリオプシス)、別名:ジャノメソウ(蛇目草)、ジャノメギク(蛇目菊)、Plains coreopsis、分類名:植物界被子植物真正双子葉植物綱キク目キク科ハルシャギク属、原産地:北米中西部、生活型:明治初期に伝来した一年草の帰化植物、草丈:30 cm(矮性)、60~80 cm、葉色:緑、葉序:対生、葉形:細い2回羽状複葉、開花期:6月~8月(秋播きの場合)、花径:3~4 cm、花色:花弁の舌状花の先端が黄色で内側が朱赤の品種、または黄色の単色、濃赤褐の単色、矮性品種、八重咲き品種、果実形:南京虫似、用途:花壇、プランター、鉢植え、切り花。


  • キク
  • キク
  • コスモス
  • コスモス
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    頭状花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    2回羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型一年草
  • 花の色黄 赤
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 100.0 cm
  • 花径6.0 ~ 8.0 cm

ランダムな花