ウツギ

Deutzia crenata

  • ウツギ
  • ウツギ
  • ウツギ
  • ウツギ
  • ウツギ
  • ウツギ
  • 花名
    ウツギ
  • 学名
    Deutzia crenata
  • 別名ウノハナ, 卯の花
  • 原産地日本
  • 開花場所
  • 開花期5月, 6月
  • 花言葉古風

ウツギとは

別名でウノハナ(卯の花)とも呼ばれます。バイカウツギ(梅花空木、学名:Philadelphus satsumi)と似ています。
ウツギ(空木、学名:Deutzia crenata)は日本原産で、アジサイ科ウツギ属の耐寒性落葉低木です。初夏に、側枝先端から円錐花序を伸ばし、多数の小さな白い五弁花を咲かせます。雄蕊の花糸には狭い翼があります。花後に球形の果実が成ります。果実は朔果で、熟すと3~4裂します。ウツギとは茎の中が空という意味で付けられました。用途は、庭木や、木釘、楊枝などです。花言葉は「古風」です。

一般名:ウツギ(空木)、学名:Deutzia crenata 、別名:ウノハナ(卯の花)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ミズキ目アジサイ科ウツギ属(旧:ユキノシタ科)、原産地:北海道~九州・奄美大島の日本、中国、環境:山野、林道の日照地 、樹高:1~2m、葉形:卵状披針形で先端が尖る、葉縁:鋸歯、葉に毛:有、葉序:対生、花序形:円錐花序、開花期:5月~6月、花弁数:5枚、花柱数:3~4本、雄蕊数:10本、花色:白、花径:0.5cm。


  • ミズキ
  • アジサイ
  • ウツギ
  • ウツギ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    披針形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性落葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 200.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.5 cm

ランダムな花