リキュウバイ

Exochorda racemosa

  • リキュウバイ
  • リキュウバイ
  • リキュウバイ
  • リキュウバイ
  • リキュウバイ
  • リキュウバイ
  • リキュウバイ
  • リキュウバイ
  • リキュウバイ
  • リキュウバイ
  • リキュウバイ
  • リキュウバイ
  • 花名
    リキュウバイ
  • 学名
    Exochorda racemosa
  • 別名マルバヤナギ, 利休梅, 丸葉柳, pearlbush, common pearlbush
  • 原産地中国 
  • 開花場所庭, 切り花・生け花
  • 開花期4月, 5月

リキュウバイとは

リキュウバイ(利休梅、学名:Exochorda racemosa)は、中国原産で、バラ科ヤナギザクラ属の落葉小高木です。春に、花茎先端から出た総状花序を伸ばして白い梅に似た小さな五弁花を多数咲かせます。花に派手さはありませんが上品な雰囲気を醸し出すので茶花として使われます。花名の由来は、茶人「利休」のイメージに肖るとともに、梅花に似ていることに拠ります。

一般名:リキュウバイ(利休梅)、学名:Exochorda racemosa、別名:マルバヤナギ(丸葉柳)、マルバヤナギザクラ(丸葉柳桜)、バイカシモツケ(梅花下野)、pearlbush, common pearlbush、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱バラ目バラ科ヤナギザクラ属、原産地:中国、生活型:落葉小高木、樹高:3〜4m、葉形:楕円形、葉長:5cm、葉縁:上半分にゆるい鋸歯有り、葉色:緑(葉表)、白(葉裏)、開花期:4月〜5月、花径:4cm、花序形:総状花序、花弁色:白、萼片色:白、花の咲き方:一重、花弁数:5枚、用途:庭木、茶花。


  • バラ
  • バラ
  • ヤナギザクラ
  • リキュウバイ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉小高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ300.0 ~ 400.0 cm
  • 花径3.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花