ブナ

Fagus crenata

紅葉

  • ブナ
  • ブナ
  • 花名
    ブナ
  • 学名
    Fagus crenata
  • 別名Japanese Beech, ソバグリ, シロブナ, 山毛欅
  • 原産地日本
  • 開花場所低山
  • 開花期5月

ブナとは

ブナ(山毛欅、学名:Fagus crenata)は日本固有種でブナ科ブナ属の落葉広葉高木です。日本の北海道~九州の山地に自生します。5月に葉の展開と花の開花を同時に行います。雌雄同株です。春に、雄花は花柄から尾状花序を出し15個ほどの頭花を下垂させます。葯は黄色です。雌花は枝状部の葉腋から出る花柄の先端に赤紫色の柱頭を持つ頭状花序を2個、上向きにつけます。

一般名:ブナ(山毛欅)、学名:Fagus crenata(ファーグス)、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類ブナ目ブナ科ブナ属ブナ種、原産地:日本、生息分布:北海道~九州、環境:山地、別名:Japanese Beech、シロブナ、ソバグリ、生活型:落葉広葉高木、成長は遅い、樹高:30m、樹皮:滑らかな灰褐色で割れ目が無い、葉形:楕円形、葉序:互生、葉縁:円鋸歯状、葉身長:5~10cm、葉幅:3cm、葉色:緑→黄葉(秋)→落葉、単性花、雌雄同株、雄花:花柄に15個ほどが尾状花序(穂状花序に付いて垂下)、雌花:枝状部の葉腋から出る花柄の先端に頭状花序が2個上向きにつく、開花期:5月、結実期:10月~11月、果実型:堅果(どんぐり)が棘のある殻斗に2個包まれて出来る、果実形:細い三角形、果実色:赤褐色、種子形:3稜のある卵形の種子、用途:庭木・盆栽・家具材・器具材・燻製用チップ・薪・動物の食料。


  • ブナ
  • ブナ
  • ブナ
  • ブナ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    尾状花序
  • 花冠
    頭花
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
  • 生活型落葉広葉高木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ3000.0 ~ 3000.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.5 cm

ランダムな花