ランタナ・カマラ

Lantana camara

  • ランタナ・カマラ
  • ランタナ・カマラ
  • ランタナ・カマラ
  • ランタナ・カマラ
  • ランタナ・カマラ
  • ランタナ・カマラ
  • ランタナ・カマラ
  • ランタナ・カマラ
  • ランタナ・カマラ
  • ランタナ・カマラ
  • ランタナ・カマラ
  • ランタナ・カマラ
  • 花名
    ランタナ・カマラ
  • 学名
    Lantana camara
  • 別名シチヘンゲ, Lantana, 七変化, Lantana camara, ランタナ , カマラ
  • 原産地熱帯アメリカ
  • 開花場所庭, 鉢花
  • 開花期5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月
  • 花言葉「厳格」

ランタナ・カマラとは

ランタナ・カマラ(学名:Lantana camara) は熱帯アメリカ原産で、クマツヅラ科の半耐寒性常緑小低木です。初夏から秋にかけて花茎先に小花を多数集合させて球状に咲かせます。葉は卵形で茎に対生に付き、硬毛があり、葉縁に鋸歯があります。江戸時代に渡来して以来、栽培されています。品種には、在来種で、咲き始めてから花色が淡黄色から、橙色、赤、桃色に徐々に色が変わるシチヘンゲ(七変化)があります。花は筒状で先端が4、5裂します。ヒブリダと呼ばれる矮性種や、蔓性で花色が変化しないコバノランタナ(小葉のランタナ、学名:Lantana montevidensis)があります。
ランタナ・イエロー・スプラッシュ (学名:Lantana camara 'Yellow Splash') は、ドイツから仕入れたランタナの自然交雑実生から、埼玉県の栽培農家が育成した園芸品種で、花色は鮮黄橙色で咲き始めから開花後まで花色が変わりません。樹高が低いので鉢物や花壇に植えられる中型種です。

一般名:ランタナ・カマラ(Lantana camara)、学名:Lantana camara、別名:シチヘンゲ(七変化)、コウオウカ(紅黄花)、コモン・ランタナ(common lantana)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目クマツヅラ科シチヘンゲ属ランタナ種、原産地:熱帯アメリカ、樹高:20〜100 cm、茎断面:四角、葉長:2〜8 cm、葉質:毛有、葉序:対生、葉縁:鋸歯有、花序:散形花序、花色:黄・橙・赤・桃・白・紫・複色、花径:1 cm、花序径:3 cm、花弁:5裂、子房:単心皮性、仮雄蕊:無、開花期:5月〜11月、果実型:液果、果実色:黒、果実の可食:非、毒性、備考:侵略的外来種に選定される。


  • シソ
  • クマツヅラ
  • シチヘンゲ
  • ランタナ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    筒形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型半耐寒性常緑小低木
  • 花の色桃 橙 黄
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 100.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花