ヒロハノレンリソウ

Lathyrus latifolius

帰化植物

  • ヒロハノレンリソウ
  • ヒロハノレンリソウ
  • ヒロハノレンリソウ
  • ヒロハノレンリソウ
  • 花名
    ヒロハノレンリソウ
  • 学名
    Lathyrus latifolius
  • 別名Lathyrus latifolius, 広葉連理草, 宿根スイートピー, Perennial pea, Everlasting pea
  • 原産地欧州
  • 開花場所野原・畦道
  • 開花期5月, 6月, 7月, 8月, 9月

ヒロハノレンリソウ とは

ヒロハノレンリソウ (広葉連理草 、学名:Lathyrus latifolius)は、欧州原産で、マメ科ハマエンドウ属の蔓性多年草(宿根植物)です。一年草のスイートピー((Sweet pea、学名:Lathyrus odoratus) )に対し、多年草のスイートピーはシュッコンスイートピー(宿根スイートピー)とも呼ばれます。日本にも帰化しています。葉は2出複葉で小葉は披針形をしており、先端にある巻きヒゲが樹木などに絡んでよじ登ります。葉や葉柄には翼があります。夏に、葉腋から花序を伸ばし花を10個程付けます。花に芳香は無く、花色は白~桃色で、マメ科特有の蝶形をしています。

一般名:ヒロハノレンリソウ (L. latifolius) 、学名:Lathyrus latifolius(ラティルス) 、別名:シュッコンスイートピー(宿根スイートピー)、Perennial pea、Everlasting pea、分類産地:、分類名:植物界被子植物真正双子葉類マメ目マメ科ハマエンドウ属(レンリソウ属ヒロハノレンリソウ種、 草丈:100~300 cm、葉形:2出複葉、小葉形:披針形~長楕円形、葉序:対生、花序長:10~30 cm、花径:3 cm、花色:桃・白、開花期:5月~9月、果実形:豆果、用途:鉢植え、行灯仕立て、フェンス、切花。


  • マメ
  • マメ
  • ハマエンドウ
  • ヒロハノレンリソウ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    頭状花序
  • 花冠
    蝶形
  • 葉形
    羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型蔓性多年草(宿根植物)、帰化植物
  • 花の色桃 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ100.0 ~ 300.0 cm
  • 花径3.0 ~ 3.0 cm

ランダムな花