レモンバーム

Melissa officinalis

  • レモンバーム
  • レモンバーム
  • 花名
    レモンバーム
  • 学名
    Melissa officinalis
  • 別名ビーバーム, Melissa officinalis, 西洋山薄荷, Lemon balm, メリッサ, Melissa, 香水薄荷, bee balm
  • 原産地南欧
  • 開花場所
  • 開花期6月, 7月
  • 花言葉「思いやり」、「共感」

レモンバームとは

レモンバーム(Lemon balm、学名:Melissa officinalis)は、南欧原産で、シソ科メリッサ属の耐寒性多年草のハーブです。初夏~夏に、散形花序を伸ばし小さな白花を多数咲かせます。レモン香のある葉や茎が料理や、ティー、薬、ポプリなどの香料に使用されます。蜜源植物で花に蜜があり蜜蜂(bumblebee)を誘引し蜂蜜が作られると共に、周囲の樹木の受粉に役立ちます。属名の ' Melissa ' はギリシャ語で「蜜蜂」を意味します。花言葉は「思いやり」、「共感」です。

一般名:レモンバーム、学名:Melissa officinalis、別名:メリッサ(Melissa)、ビーバーム(bee balm)、コウスイハッカ(香水薄荷)、セイヨウヤマハッカ(西洋山薄荷)分類名:植物界被子植物双子葉類シソ目シソ科コウスイハッカ属(メリッサ属)コウスイハッカ種、原産地:南欧、草丈:40~80 cm、葉形:広卵形又は心臓形、葉縁:鋸歯、葉序:対生、開花期:6月~7月、花径:0.5 cm、花序形:散形花序。


  • シソ
  • シソ
  • コウスイハッカ
  • コウスイハッカ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    散形花序/傘形
  • 花冠
    唇形
  • 葉形
    心臓形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性多年草、ハーブ
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ40.0 ~ 80.0 cm
  • 花径0.5 ~ 0.5 cm

ランダムな花