ヒトエグサ

Monostroma nitidum

  • ヒトエグサ
  • ヒトエグサ
  • 花名
    ヒトエグサ
  • 学名
    Monostroma nitidum
  • 別名green laver, 一重草
  • 原産地朝鮮半島,中国、日本
  • 開花場所
  • 開花期

ヒトエグサとは

ヒトエグサ(一重草、学名:Monostroma nitidum)は朝鮮半島,中国、日本原産で、ヒトエグサ科の海草です。本州~九州までの太平洋沿岸で潮間帯の岩上に付着しています。主として食用としない海草は別目の植物です。体が1層の細胞からなるのでヒトエグサと呼ばれます。葉色は緑色です。用途は佃煮原料、味噌汁、スープ、天麩羅、佃煮などがあります。

一般名:ヒトエグサ(一重草)、学名:Monostroma nitidum 、別名:アオノリ、アーサー(沖縄)、green laver、アオサ、分類名:アーケプラスチダ界緑藻植物門アオサ藻綱ヒビミドロ目ヒトエグサ科ヒトエグサ属 、原産地:朝鮮半島,中国、日本の本州太平洋岸中部・南部,瀬戸内海,本州日本海岸南部,九州,南西諸島,分布:本州~九州までの太平洋沿岸の日本、環境:潮間帯の岩上、葉色:緑、 葉形:円形、葉縁:波状、胞子体:球形の袋状、生活型:食用とされる海草、 草丈:10-20 cm、葉色:緑色、用途:食用。


  • ヒビミドロ
  • ヒトエグサ
  • ヒトエグサ
  • ヒトエグサ
  • 花のタイプ
  • 花序
  • 花冠
  • 葉形
    円形
  • 葉縁
    波状
  • 生活型海草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10.0 ~ 20.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花