ノビネチドリ

Neolindleya camtschatica

鳥名

  • ノビネチドリ
  • ノビネチドリ
  • 花名
    ノビネチドリ
  • 学名
    Neolindleya camtschatica
  • 別名延根千鳥, Neolindleya camtschatica
  • 原産地樺太~日本
  • 開花場所湿地
  • 開花期5月, 6月, 7月

ノビネチドリとは

ノビネチドリ(延根千鳥、学名:Neolindleya camtschatica)は、樺太~日本原産で、ラン目ラン科ノビネチドリ属の多年草です。 1属1種の植物です。日本では北海道~本州中部以北、四国、九州の湿地に自生します。花名の「ノビネ」は、根が紐状が延びることに拠ります。属名の「Neolindleya」は neos(新しい)+Lindleya(属名) という意味で、テガタチドリ属から独立して「Neolindleya genus」(ノビネチドリ属)となりました。種小名の camtschatica は原産地の「カムチャツカの」に拠ります。

一般名:ノビネチドリ(延根千鳥千鳥)、学名:Neolindleya camtschatica、シノニム:Gymnadenia camtschatica、分類名:植物界被子植物門単子葉植物ラン目ラン科テガタチドリ属ノビネチドリ種、生息分布:北海道~本州中部以北、四国、九州 環境:湿地、草丈:30~60cm、葉序:互生、葉形:長楕円形、葉縁:波形、花序形:総状花序、花色:淡紅、花径:1cm、開花期:5月~7月。


  • キジカクシ
  • ラン
  • ノビネチドリ
  • ノビネチドリ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    かぶと状/有距形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    波状
  • 生活型多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 60.0 cm
  • 花径1.0 ~ 1.0 cm

ランダムな花