メコノプシス・カムブリカ

Papaver cambricum

  • メコノプシス・カムブリカ
  • メコノプシス・カムブリカ
  • 花名
    メコノプシス・カムブリカ
  • 学名
    Papaver cambricum
  • 別名Welsh poppy, ウェルシュ・ポピー
  • 原産地園芸品種、原種の原産地は西ヨーロッパ
  • 開花場所低山, 園芸品種, 特定の地域
  • 開花期5月, 6月, 7月

メコノプシス・カムブリカとは

メコノプシス・カムブリカ(学名:Papaver cambricum)は西ヨーロッパ原産で、ケシ科メコノプシス属の耐寒性多年草です。春~夏に、茎先に黄色~橙色を咲かせます。他のメコノプシス属が種子の発芽率が低く栽培が難しいのに対し、本種はこぼれ種でも発芽するほど栽培が容易です。有毛なメコノプシス属が多い中、本種はほぼ無毛です。 園芸品種は花色が多く、黄色や橙、朱色があります。 葉は、緑色でシダのように深裂します。また、大方のメコノプシス(Meconopsis)が、ヒマラヤや中国、チベット自治区などアジアの高山・高地の低温帯に自生するのに対し、 このメコノプシス・カムブリカ(M. cambrica)は西ヨーロッパ(ピレネー山脈の低地帯や、 イギリス、スペイン、フランス等)に自生するただ1つ種です。他にもう1種がカリフォルニアに自生するだけです。イギリスのウェールズ地方で見られるためか、英名では’Welsh poppy’(ウェルシュ・ポピー)と呼ばれます。 同属にヒマラヤ原産の「ヒマラヤの青いケシ(芥子)(メコノプシス・グランディス、Meconopsis grandis Prain) があります。

一般名:メコノプシス・カムブリカ(学名:Papaver cambricum)、シノニム:Meconopsis cambrica、別名:Welsh poppy(ウェルシュ・ポピー)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ケシ目ケシ科メコノプシス属 、原産地:ヨーロッパ西部、ピレネー山の低山帯、スペイン、フランス等、園芸品種、草丈:30~60 cm、花色:黄・橙・朱、花径:7 cm、開花期:5月~7月。


  • キンポウゲ
  • ケシ
  • メコノプシス
  • メコノプシス・カムブリカ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    杯形
  • 葉形
    羽状形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐寒性多年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 60.0 cm
  • 花径7.0 ~ 7.0 cm

ランダムな花