クロダイコン

Raphanus sativus var. niger

  • クロダイコン
  • クロダイコン
  • クロダイコン
  • クロダイコン
  • 花名
    クロダイコン
  • 学名
    Raphanus sativus var. niger
  • 別名黒大根, Black Spanish
  • 原産地欧州
  • 開花場所
  • 開花期3月, 4月

クロダイコンとは

クロダイコン(黒大根、学名:Raphanus sativus var. niger)は、欧州原産で、アブラナ科ダイコン属の一年草です。根の表面は黒く、中は白く、水分が少なく硬く辛い。形は長いものと丸いものがあります。葉は根生葉で束生し羽状深裂します。春に葉腋から総状花序を伸ばし十字型の白または、桃色、紫色の花を咲かせます。

一般名:クロダイコン(黒大根)、学名:Raphanus sativus var. niger、分類名:植物界被子植物真正双子葉類アブラナ目アブラナ科ダイコン属、原産地:イタリア、別名:ブラック・スパニッシュ、Black radish、Spanish black radish、winter radish、生活型:一年草、草丈:30~70 cm、葉:根生葉、葉身長:5~20 cm、葉形:羽状、花径:2 cm、花弁長:2 cm、開花期:3月~4月、花色:白・桃色・紫、花弁数:4。


  • アブラナ
  • アブラナ
  • ダイコン
  • クロダイコン
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    4弁花
  • 葉形
    羽状形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型一年草
  • 花の色紫 白
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ30.0 ~ 70.0 cm
  • 花径2.0 ~ 2.0 cm

ランダムな花