テリハノイバラ

Rosa wichuraiana

  • テリハノイバラ
  • テリハノイバラ
  • テリハノイバラ
  • テリハノイバラ
  • テリハノイバラ
  • テリハノイバラ
  • テリハノイバラ
  • テリハノイバラ
  • テリハノイバラ
  • テリハノイバラ
  • 花名
    テリハノイバラ
  • 学名
    Rosa wichuraiana
  • 別名ハイイバラ, 照葉野茨, 這茨, Memorial Rose, ノバラ, 野薔薇
  • 原産地チベット、中国、ミャンマー
  • 開花場所海岸, 低山
  • 開花期6月, 7月
  • 花言葉素朴な愛

テリハノイバラとは

テリハノイバラ(照葉野茨、学名:Rosa wichuraiana)は、チベット原産でバラ科の落葉蔓性低木です。ノバラ(野薔薇)とも呼ばれます。梅雨から夏に、山地や海岸で枝先から伸ばした円錐花序に芳香のある白い五弁花を集合させて咲かせます。茎に棘があり直立せず地を這うように伸びます。葉は光沢のある濃緑色です。葉表と葉裏には毛が無く、葉縁に細かい鋸歯があります。花後に赤い球形の実が成ります。類似したノイバラ(野茨)には光沢が無く、葉表と葉裏に毛が生えているので見分けられます。花言葉は「素朴な愛」。

一般名:テリハノイバラ(照葉野茨)、学名:Rosa wichuraiana(ローサ・ウィクライアナ)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科バラ属、別名:ハイイバラ(這茨)、ノバラ(野薔薇)、Memorial Rose(メモリアル・ローズ)、原産地:チベット、中国、ミャンマー、生息分布:本州から九州、環境:山地や海岸、樹高:50〜100cm、葉色:緑、葉形:奇数羽状複葉、小葉形:倒卵形、 葉縁:細かい鋸歯、開花期:6月〜7月、花色:白、花径:3~4cm、花弁数:5枚、果実型:偽果、結実期:10月〜11月、果実色:赤、果実形:0.8cm、果実形:球形。


  • バラ
  • バラ
  • バラ
  • テリハノイバラ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    円錐/複総状花序
  • 花冠
    バラ形
  • 葉形
    奇数羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型落葉蔓性低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ50.0 ~ 100.0 cm
  • 花径3.0 ~ 4.0 cm

ランダムな花