ヤナギバルイラソウ

Ruellia simplex

  • ヤナギバルイラソウ
  • ヤナギバルイラソウ
  • 花名
    ヤナギバルイラソウ
  • 学名
    Ruellia simplex
  • 別名柳葉ルイラ草, Ruelllia, Common ruellia, Mexican petunia
  • 原産地メキシコ
  • 開花場所
  • 開花期4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月

ヤナギバルイラソウとは

ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草、学名:Ruellia simplex)はメキシコ原産でキツネノマゴ科ルイラソウ属の半耐寒性常緑小低木です。春から晩秋までの長期間、葉腋から花茎を出しその先に紫色の一日花を咲かせます。葉は柳葉に似て細長く、緑色の葉に紫色の葉脈が走ります。葉縁には鋸歯があり、葉は対生に付きます。花冠は5つに深く切れており、花弁に多数の皺が見られます。花が終わると萼と雌蕊を残して花冠がそのまま落ちます。花後に出来る莢の中には茶色い種子が沢山入っています。

一般名:ヤナギバルイラソウ(柳葉ルイラ草)、学名:Ruellia simplex (ルエリア)、synonym:Ruellia brittoniana、Ruellia tweediana、Ruellia angustifolia、別名:コBrittons wild petunia、Mexican bluebell、Mexican petunia、Spanish-ladies、ムラサキイセハナビ、ヤナギバスズムシソウ、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱シソ目キツネノマゴ科ルイラソウ属ヤナギバルイラソウ種、原産地:メキシコ、草丈:60 - 100cm、葉色:緑色、葉長:15cm、葉幅:0.7cm、葉形:線形、花序:円錐花序、花色:紫色、開花期:4月~10月、花径:5cm、果実:蒴果。


  • シソ
  • キツネノマゴ
  • ルイラソウ
  • ヤナギバルイラソウ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    穂状花序
  • 花冠
    唇形
  • 葉形
    線形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型半耐寒性常緑小低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ60.0 ~ 100.0 cm
  • 花径5.0 ~ 5.0 cm

ランダムな花