イワヒバ

Selaginella tamariscina

盆栽

  • イワヒバ
  • イワヒバ
  • イワヒバ
  • イワヒバ
  • 花名
    イワヒバ
  • 学名
    Selaginella tamariscina
  • 別名イワマツ
  • 原産地日本を含む東アジア~東南アジア
  • 開花場所低山, 盆栽
  • 開花期
  • 花言葉「長寿」「負けない心」

イワヒバとは

イワヒバ(岩檜葉、学名:Selaginella tamariscina)は日本を含む東アジア~東南アジア原産で、イワヒバ科イワヒバ属の常緑シダ植物です。盆栽などに用いられます。山地の岩場などに着生します。葉には栄養葉と胞子葉があります。

一般名:イワヒバ(岩檜葉)、学名:Selaginella tamariscina、又名:巻柏、イワマツ(岩松)、分類名:植物界ヒカゲノカズラ植物門ミズニラ網イワヒバ目イワヒバ科イワヒバ属イワヒバ種、葉色:緑、用途:盆栽、鉢植、公園・庭園、漢方薬。


  • イワヒバ
  • イワヒバ
  • イワヒバ
  • イワヒバ
  • 花のタイプ
  • 花序
  • 花冠
    花びら無し
  • 葉形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型常緑シダ植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 20.0 cm
  • 花径 ~ cm

ランダムな花