グロキシニア

Sinningia speciosa

  • グロキシニア
  • グロキシニア
  • グロキシニア
  • グロキシニア
  • 花名
    グロキシニア
  • 学名
    Sinningia speciosa
  • 別名Gloxinia, オオイワギリソウ, violet slipper
  • 原産地園芸品種、原産はブラジル
  • 開花場所温室, 鉢花
  • 開花期4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 10月, 11月
  • 花言葉華やかな日々

グロキシニアとは

グロキシニア(Gloxinia、学名:Sinningia speciosa)は、ブラジル原産で園芸品種の、イワタバコ科シンニンギア属の多年草(球根植物)です。草丈は低く脹脛程の高さです。葉は卵形で厚くビロード状で特徴があります。草丈に比べて、花径は大きいです。花色には赤や紫、ピンク、白があり、花の咲き方には一重と覆輪があります。 暑さや強い光を好まず、また寒さに弱いので、猛暑と冬を除き、 4月-8月上旬と10月-11月末頃に開花します。 同科異属(イワタバコ科グロキシニア属)の植物に、シーマニア(Seemannia)  があります。

一般名:グロキシニア(Gloxinia) 、学名:Sinningia speciosa、別名:オオイワギリソウ(大岩桐草)、violet slipper 、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目イワタバコ科オオイワギリソウ属(シンニンギア属) 、原産地:園芸品種、原産はブラジル、生活型:多年草、草丈:20~30cm、葉形:卵形、葉質:厚くビロード状の短毛、 花径:5cm、花色:赤・桃色・白・紫など、花の咲き方:一重と覆輪、 開花期:4月-8月上旬と、10月-11月末頃、 繁殖方法:塊茎(球根)、 用途:鉢植え、備考:重厚で存在感のある花です。


  • シソ
  • イワタバコ
  • オオイワギリソウ
  • オオイワギリソウ
  • 花のタイプ
    左右相称花
  • 花序
    単頂花序
  • 花冠
    漏斗形/トランペット形
  • 葉形
    長楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型球根植物
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ20.0 ~ 30.0 cm
  • 花径4.5 ~ 5.0 cm

ランダムな花