花菖蒲のブログ

ハナショウブ(花菖蒲、学名:Iris ensata var. ensata)
野花菖蒲の園芸品種で、アヤメ科アヤメ属の宿根草です。

初夏に、直立した花茎先端から花穂を伸ばし大型の6弁花を咲かせます。

種類は、 江戸系、伊勢系、肥後系、長井系、外国系があります。

アヤメ(菖蒲)やカキツバタ(杜若)と似ていて見分け難いですが、 ハナショウブは花弁基部(外花被)の生え際に黄色い目型の模様が入ります。

アヤメは綱目状の模様が入り、カキツバタは白い目型の模様が入ることで判断できます。

アヤメやハナショウブ、カキツバタはアヤメ科、ショウブはショウブ科の植物です。

開花の早い順に、アヤメ→カキツバタ→ハナショウブ→ノハナショウブとなります。

■かぎけん花図鑑
ハナショウブ(花菖蒲、学名:Iris ensata var. ensata)
"https://www.flower-db.com/ja/flower:1859

  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲
  • 花菖蒲

其他文章