12月12日の誕生花|綿

12月12日の誕生花は〇ワタです。

ワタ(綿、学名:Gossypium)はエチオピア南部、メキシコ原産でその後各国で栽培されるようになったアオイ科ワタ属の多年草又は一年草です。高温と多雨を好みます。草丈は60〜120 cmです。1.5~10 cmの葉柄の先に、カエデに似た3〜5裂した掌形の葉が付きます。葉に托葉があり葉縁に鋸歯があります。花色は、白、黄白、黄、紅色で、開花後に赤変します。種類によっては、花弁中央基部が暗赤色になるものもあります。花径は6 cm程です。8月〜11月に成る果実はポップコーンのように膨れ、弾けた種子の毛は綿花として、紡績原料や布団の綿、脱脂綿、火薬やセルロイドの原料となります。綿の種子である棉実から採った綿実油は、食用油やマーガリン、石鹸、催乳薬の原料となります。根皮は通経薬となります。綿実油を絞ったカス(粕)は飼料や肥料として使われます。花言葉は「偉大」、「崇高」です。

代表的なワタには、Gossypium arboreum(キダチワタ、木立、アオメン、青綿、ワメン、和綿、tree cotton、ゴシピウム・アルボレウム)や、Gossypium hirsutum(リクチメン、陸地綿、ゴシピウム・ヒルスツム、洋綿)、Gossypium barbadense(カイトウメン、海島綿、ベニバナワタ、Sea Island Cotton、ゴシピウム・バルバデンセ )、Gossypium herbaceum(シロバナワタ、ゴシピウム・ヘルバケウム、Levant cotton)があります。

かぎけん花図鑑 https://www.flower-db.com/ja/articles

  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton
  • Cotton

Other Articles