元祖、私待つは?万葉集草木シリーズ26.イヌタデ

イヌタデ(犬蓼、学名:Persicaria longiseta)は、世界中の原野や路傍、水辺に生えているタデ科イヌタデ属の一年草の雑草です。タデは、タデ科の総称としても使われます。タデは万葉集で詠われています。

「万葉集の巻と作者」


巻11・2759 題詞:寄物陳思 作者:未詳

【原文】


吾屋戸之 穂蓼古幹 採生之 實成左右二 君乎志将待

【読み】


わ(吾)が屋戸(宿)の 穂蓼古幹(ほたでふるから) 採み(つみ)生(おほ)し 實(実)が(成)るまで(左右)に(二) 君乎志(君をし)将待(待たむ)

【意味】


私の庭の 穂が出た蓼(タデ)の古い茎を 摘んで生かし 実が成るまで あなたをお待ちします。

詳しくはこちら ... 以下本文に続く

■関連ページ
元祖、私待つは?万葉集草木シリーズ26.イヌタデ かぎけん花図鑑 花日記2023年1月12日
特集 万葉集でよまれた草木

  • イヌタデ
  • イヌタデ
  • イヌタデ
  • イヌタデ
  • イヌタデ
  • イヌタデ

他の記事