アフリカンマリーゴールドのブログ

ips細胞による治療が始まった難病の加齢性黄斑変性ですが、病気の進行を抑えるのに「ルテイン」が役立つと言われます。その成分を多く含んでいるのがナント、このアフリカンマリーゴールド(Aflican marigold、学名:Tagetes erecta)なんですね。以前から、エディブルフラワーとされ、土に潜む線虫退治に効果があると注目されていましたが、改めてこの花の万能性を感じます。花自体はどこでも咲いているのでご覧になる機会が多いと思います。アフリカンマリーゴールド(Aflican marigold、学名:Tagetes erecta)についてのさらなる情報はかぎけん花図鑑をご覧ください。

  • アフリカンマリーゴールド
  • アフリカンマリーゴールド
  • アフリカンマリーゴールド
  • アフリカンマリーゴールド

他の記事