アフリカンマリーゴールド

Tagetes erecta

  • アフリカンマリーゴールド
  • アフリカンマリーゴールド
  • アフリカンマリーゴールド
  • アフリカンマリーゴールド
  • 花名
    アフリカンマリーゴールド
  • 学名
    Tagetes erecta
  • 別名Aflican marigold, タゲテス エレクタ, サンショウギク, マリーゴールド
  • 原産地メキシコ
  • 開花場所
  • 開花期4月, 5月, 6月, 7月, 8月, 9月, 10月, 11月
  • 花言葉逆境を乗り越えて生きる

アフリカンマリーゴールドとは

アフリカンマリーゴールド(Aflican marigold、学名:Tagetes erecta)は、メキシコ原産で、キク科コウオウソウ属の耐乾燥性常緑一・ニ年草です。メキシコ原産のエレクタ(T.erecta)とその改良品種のことです。代表品種は、'ムーンソング・ディープオレンジ' です。キク科なので、葉の形はキク(菊)葉に似ています。春から晩秋に、黄色や橙色の カーネーション に似た花を咲かせます。フレンチマリーゴールドと共に、マリーゴールド(Marigold、学名: Tagetes )の代表的な観賞用品種の一つです。根に含まれる成分「アルファ・ターチェニール」が、害虫センチュウの発生を抑制します 。花弁が食用ともなるエディブルフラワーです。さらに、加齢性黄斑変性の進行を遅くする効果があるルテインを多く含んでいます。
花言葉は「逆境を乗り越えて生きる」です。生まれ故郷のメキシコからスペイン、アフリカへと環境の異なる厳しい場所に連れ去られ、生き抜いてきたことに拠ります。尚、花名にアフリカとつきますが、アフリカとは全く関係がありません。スペインを経由してアフリカ北部に渡り逸散して野生化して拡散したことに拠ります。また、フレンチマリーゴールドもフランスとは全く関係がありません。

一般名:アフリカンマリーゴールド(Aflican marigold)、学名:Tagetes erecta(タゲテス エレクタ)、原産地:メキシコ、別名:タゲテス エレクタ、サンショウギク(山椒菊)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科コウオウソウ属(タゲテス属)、草丈:60~90 cm、矮小品種、葉形:羽状複葉、葉色:黄緑、葉縁:鋸歯有、葉序:対生、合弁花、花径:7~10cm、花色:黄・橙・白、開花期:4月~11月、花序:頭状花序、花の咲き方:キク咲き、クラウン咲き、カーネーション咲き、フリルス咲き、特記:メキシコ原産のエレクタ(T.erecta)とその改良品種。


  • キク
  • キク
  • コウオウソウ
  • アフリカンマリーゴールド
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    頭状花序
  • 花冠
    管状形
  • 葉形
    羽状複葉
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型耐乾燥性常緑性一・ニ年草
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ60.0 ~ 90.0 cm
  • 花径7.0 ~ 10.0 cm

ランダムな花