ルリマツリ

  • ルリマツリ_img_0

    ルリマツリ @ 不明

基本情報

花名
ルリマツリ
英名
Plumbago auriculata
学名
Plumbago auriculata
別名
プルンバーゴ, 瑠璃茉莉, プルンバゴ
原産地
南アフリカ
生活型
半耐寒性常緑低木

コメント

ルリマツリ(瑠璃茉莉、学名:Plumbago auriculata)は、南アフリカ原産で、イソマツ科プルンバゴ属の半耐寒性常緑低木です。半日影〜日向で育ちます。細長い枝先から花序を伸ばし小花を集合させて咲かせます。花は漏斗形で先端が5裂します。和名の瑠璃茉莉は、ルリが瑠璃色の花、マツリ(茉莉)は花形がジャスミン(茉莉花)に似ていることに拠ります。学名のPlumbagoから、別名でプルンバーゴ、またはプルンバゴ(いずれも、Plumbago)、また花色からアオマツリ(青茉莉)とも呼ばれます。花の感じは、ツルハナナス(蔓花茄子)に似ていますが、ツルハナナスは花の中央部が黄色く盛り上がっていることや蔓性なので見分けられます。花言葉:「ひそかな情熱」。

一般名:ルリマツリ(瑠璃茉莉)、学名:Plumbago auriculata(プルンバーゴ)、別名:プルンバーゴ 、プルンバゴ(いずれも、Plumbago)、アオマツリ(青茉莉)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ナデシコ目イソマツ科プルンバゴ属、原産地:南アフリカ、草丈:20〜300 cm、観賞期:5月〜10月、花色:青・青紫・空色・白、花径:2〜4 cm。

詳細情報

ナデシコ
イソマツ
プルンバゴ
ルリマツリ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
へら形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
青, 紫, 白
開花時期
5月6月7月8月9月10月
高さ
20 ~ 300 [cm]
花径
2 ~ 4

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
テマリソウ_img
モントレーイトスギ_img
ミニバラ 'フォーエバー'_img

ランダムな花

キンモクセイ_img
アリサンヒメバラン_img
オニゲシ_img
シダレザクラ_img
キバナ・イペー_img
ハルジオン_img
センペルビブム・アラクノイデウム_img
ゼラニウム_img
タケ_img
クマザサ_img
アダン_img
オオキンケイギク_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved