ツキヌキニンドウ

  • ツキヌキニンドウ_img_0
    ツキヌキニンドウ @ 木場公園
  • ツキヌキニンドウ_img_1
    ツキヌキニンドウ @ 木場公園
  • ツキヌキニンドウ_img_2
    ツキヌキニンドウ @ 木場公園
  • ツキヌキニンドウ_img_3
    ツキヌキニンドウ @ 木場公園

基本情報

花名
ツキヌキニンドウ
英名
Trumpet honeysuckle
学名
Lonicera sempervirens
別名
突抜忍冬, Lonicera, トランペット・ハニーサックル, Coral honeysuckle, 突抜忍冬, trumpet honeysuckle, ロニセラ
原産地
北米
生活型
常緑蔓性低木

コメント

ツキヌキニンドウ(突抜忍冬、学名:Lonicera sempervirens)とは、北米原産で、スイカズラ科スイカズラ属の常緑蔓性低木です。和名は「ツキヌキニンドウ」と呼ばれ、互生する葉のうち、花に一番近い葉同士がくっ付き、その葉の間を茎が貫くことに拠ります。晩春~初秋、穂状花序にラッパ状の橙色の小花を10~12個ほど集合して咲かせます。お酒(ハニーサックル酒)も作られます。同属に、ニンドウ(忍冬)や{{ヒョウタンボク}}(瓢箪木)があります。ニンドウは5月~6月に白花を咲かせ、時間と共に黄色く変色します。ニンドウの別名はスイカズラ(水葛)と言います。ヒョウタンボクは赤い実が2個合着して瓢箪のように見えるのが特徴です。

一般名:ツキヌキニンドウ(突抜忍冬)、学名:Lonicera sempervirens、別名:ロニセラ(Lonicera)、トランペット・ハニーサックル(trumpet honeysuckle)、Coral honeysuckle 、分類名:植物界被子植物門真正双子葉類マツムシソウ目スイカズラ科スイカズラ属ロニセラ種 、原産地:北米 、樹高:300~500cm、葉序:対生、葉身長:5~10cm、葉形:長楕円形、葉縁:全縁、穂状花序、花形:長いラッパ状、開花期:5月~9月、花色:赤 ・橙、小花長:3~5cmで先端が5裂、雄蕊数:5、雌蕊数:1、果実型:液果、果実:0.5cm、果実形:球形、果実色:赤熟。

詳細情報

マツムシソウ
スイカズラ
スイカズラ
ロニセラ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
漏斗形/トランペット形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
開花時期
5月6月7月8月9月
高さ
300 ~ 500 [cm]
花径
3 ~ 5

アクセスランキング(日別)

アリストロキア・サルバドレンシス_img
サンカクサボテン_img
オウコチョウ_img
アングレカム・レオニス_img

ランダムな花

キサントステモン・オーランティアカス’レッド・アンド・イエロー’_img
カキツバタ_img
オギノツメ_img
エドヒガン_img
ヒゴロモコンロンカ_img
セイヨウキヅタ_img
サワラ_img
コシノヒガンザクラ_img
チューリップ・クリスマスドリーム_img
ツルフジバカマ_img
コエビソウ_img
ツルウメモドキ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved