かぎけん花図鑑

カラスノエンドウ

基本情報
花名
カラスノエンドウ
英名
Vicia sativa
学名
Vicia sativa
別名
ヤハズエンドウ, 矢筈豌豆, Narrow-leaved Vetch, 烏野豌豆
原産地
地中海沿岸
生活型
蔓性越年草の野草
コメント
カラスノエンドウ(烏野豌豆、学名:Vicia sativa)は、地中海沿岸原産で、マメ科ソラマメ属の蔓性越年草の野草です。春、蔓状の茎先に濃桃色の小花を咲かせます。葉腋に密腺があります。葉形がヤハズ(矢筈)形をしているので、別名でヤハズエンドウ(矢筈豌豆)とも呼ばれます。全草が無毒なので天婦羅などで食用となります。仲間に、同じマメ科のスズメノエンドウ(雀野豌豆、学名:Vicia hirsuta)や、カスマグサ(カス間草、学名:V. tetrasperma)、ハマエンドウ(浜豌豆)などがあります。
 
一般名:カラスノエンドウ(烏野豌豆)、学名:Vicia sativa、別名:ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)、Narrow-leaved Vetch、分類名:植物界被子植物真正双子葉類マメ目マメ科ソラマメ属カラスノエンドウ種、原産地:地中海沿岸、環境:野原、草丈:50〜120 cm、茎:四角柱で巻き髭が有り、多毛、開花期:2月〜5月、花色:濃桃、花径:1 cm、花の付き方:葉腋に1-3輪、果実型:豆果 
詳細情報
マメ
マメ
ソラマメ
カラスノエンドウ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
蝶形
葉のタイプ
羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
ピンク
開花時期
2月 3月 4月 5月
高さ
50  ~ 120  [cm]
花径
1  ~ 1