ジネンジョ

  • ジネンジョ_img_0

    ジネンジョ @ 不明

  • ジネンジョ_img_1

    ジネンジョ @ 自宅

  • ジネンジョ_img_2

    ジネンジョ @ 自宅

基本情報

花名
ジネンジョ
英名
Japanese mountain yam
学名
Dioscorea japonica
別名
ヤマイモ, 自然薯, 山芋, apanese mountain yam, yamaimo
原産地
日本
生活型
蔓性落葉多年草

コメント

ジネンジョ(自然生、自然薯、学名:Dioscorea japonica)は、日本原産でヤマノイモ科ヤマノイモ属の蔓性落葉多年草です。夏、山野に自生し、穂状花序に白い小花を付けます。葉の形がオニドコロに似ていますが、オニドコロにはムカゴが無いので区別できます。 葉の付け根や花序に付く灰色の球形~楕円形をした球芽はムカゴ(零余子)と言います。秋に地中から掘り出して食用とする長い芋は、ナガイモ(長芋)と似ていますが、自然薯の方が粘り気が強いです。料理は擂り潰してとろろ、汁の具、千切り、酢の物にして食べます。菓子では、じょうよ饅頭やカルカンがあります。ムカゴは、秋の味覚とされムカゴご飯などにして食べます。また、乾燥させた芋は、八味地黄丸などの漢方薬の材料となります。 尚、ジネンジョ(ヤマノイモ)は、中国原産のナガイモ(長芋)と異なり、日本の山野に自生します。

一般名:ジネンジョ(自然生、自然薯)、学名:Dioscorea japonica、分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱ヤマノイモ目ヤマノイモ科ヤマノイモ属 、別名:ヤマイモ(山芋)、ヤマノイモ(山芋)、apanese mountain yam、yamaimo、原産地:日本、生息地:本州~九州の日本、環境:山地、生活型:蔓性落葉多年草、株:雌雄異株、雌花序:下垂する、雄花序:直立し穂状花序を伸ばし小さな白花を咲かせる。 葉形:細長い心形、葉長:5~8cm、葉色:緑→黄、葉序:対生(互生する場合もあり)、開花期:7月~9月、芋長:100cm、果実:11月、果実形:蒴果、球芽色:灰色、球芽径:1cm、可食部:芋と球芽

詳細情報

ヤマノイモ
ヤマノイモ
ヤマノイモ
ヤマノイモ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
穂状花序
花弁の形
葉のタイプ
心臓形
葉の縁
鑑賞場所
低山
開花時期
7月8月9月
高さ
50 ~ 100 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

キジカクシ_img
ホワイトパウダーパフ_img
クラスペディア_img
キングプロテア_img

ランダムな花

チューリップ・ランバダ_img
ピンクノウゼンカズラ_img
ヒイラギナンテン_img
ライムギ_img
カルセオラリア_img
稚内の花_img
ハイビスカス ’ドロシー’_img
ペレニアルフラックス_img
ルリハナガサモドキ_img
ヒメヒオウギ_img
カネノナルキ_img
ミズキンバイ_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved