ショウジョウバカマ

  • ショウジョウバカマ_img_0
    ショウジョウバカマ @ 京都府立植物園
  • ショウジョウバカマ_img_1
    ショウジョウバカマ @ 京都府立植物園
  • ショウジョウバカマ_img_2
    ショウジョウバカマ @ 日光植物園
  • ショウジョウバカマ_img_3
    ショウジョウバカマ @ 赤塚植物園

基本情報

花名
ショウジョウバカマ
英名
Heloniopsis orientalis
学名
Heloniopsis orientalis
別名
カンザシバナ, 簪花, Syojobakama, Japanese hyacinth, 猩々袴
原産地
日本
生活型
常緑多年草

コメント

ショウジョウバカマとは

ショウジョウバカマ(猩々袴、学名:Heloniopsis orientalis)は日本原産で、メランチウム科ショウジョウバカマ属の常緑多年草です。北海道から九州の湿原や森林内の湿地に自生します。根生葉はロゼット状で放射状に平らに広がります。葉は広線形で光沢が有ります。春に花茎から伸びた短い総状花序に横向きの花を数個つけます。和名は赤みを帯びた花が猩々(中国の伝説上の動物で酒を好むらしい)に似ていることと根性葉を袴に見立てたことに拠ります。花言葉は「希望」です。

一般名:ショウジョウバカマ(猩々袴)、学名:Heloniopsis orientalis、別名:カンザシバナ(簪花)、ジャパニーズ・ヒヤシンス(Japanese hyacinth)、Syojobakama、分類名:植物界植物単子葉類ユリ目メランチウム科ショウジョウバカマ属ショウジョウバカマ種、原産地:日本、生息分布:北海道から九州の日本、環境:湿原、森林内の湿地、生活型:常緑多年草、草丈:15〜25cm、根生葉:ロゼット状で根元で放射状に平開、葉形:広線形、葉色:緑から紅葉(冬期に)から緑に変色、花序形:短い総状花序、花色:橙・白・紫、小花径:1~1.5cm、集合花径:3〜4cm、雄蕊数:6、葯色:赤紫色、開花期:5月下旬〜6月中旬(高山)、3月〜4月(低山)、果実型:蒴果、種子形:線形で両端に糸状のものが付く、繁殖方法:種子、不定芽。

詳細情報

ユリ
メランチウム
ショウジョウバカマ
ショウジョウバカマ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
6弁花
葉のタイプ
広線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
低山
赤, 紫, 橙, 白
開花時期
3月4月5月6月
高さ
15 ~ 25 [cm]
花径
1 ~ 1.5

アクセスランキング(日別)

イクソラ・コッキネア_img
サンタンカ_img
キク_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

オリエンタルハイブリッド 'ベルガモ'_img
ネオレゲリア・ファイアーボール_img
タギョウショウ_img
ペチュニア 'キリン ウェーブ パープル' _img
シロツメクサ_img
ハイブリッドハナミズキステラピンク_img
ブライダルベール_img
ヒポキシス・コルチシフォリア_img
フィカス・キアティスティプラ_img
トモエソウ_img
グズマニア_img
ケシロヨメナ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved