シロクガイソウ

  • シロクガイソウ_img_0
    シロクガイソウ @ 上高地

基本情報

花名
シロクガイソウ
英名
Veronicastrum sibiricum
学名
Veronicastrum sibiricum subsp. japonicum
別名
白九蓋草
原産地
日本、中国、朝鮮半島
生活型
多年草

コメント

シロクガイソウとは

シロクガイソウ(白九蓋草、 学名:Veronicastrum sibiricum subsp. japonicumは、日本、中国、朝鮮半島原産で、オオバコ科クガイソウ属の多年草「クガイソウ(九蓋草・九階草)」の白花品種です。夏に日当たりの良い草原で、花茎先端から出た花序に白い小花を集合さて咲かせます。花名は小葉が4〜8枚輪生し、層が何層にもなることから付けられました。似た花に葉が対生するオカトラノオ(丘虎の尾、こちらは白花)や、ヤマトラノオ(山虎の尾)、ヒメトラノオ(姫虎の尾)があります。

一般名:シロクガイソウ(白九蓋草・白九階草)、 学名:Veronicastrum sibiricum subsp. japonicum、分類名:植物界被子植物真正双子葉類シソ目オオバコ科クガイソウ属、原産地:日本、中国、朝鮮半島、環境:山地の日当たりの草原、生活型:多年草、草丈:120cm、茎:直立し円形、葉:輪生、葉身:10〜15cm、葉幅:5cm、葉形:長楕円状披針形、先端:尖る 葉縁:鋸歯有、花色:白、開花期:6月〜8月、花形:長い総状花序、花序長:10〜25 cm、花冠:0.5 cm、雄蕊数:2本、果実型:液果、果実形:卵形、果実長:0.3 cm。


詳細情報

シソ
オオバコ
クガイソウ
シロクガイソウ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
4弁花
葉のタイプ
披針形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
低山
開花時期
6月7月8月
高さ
100 ~ 120 [cm]
花径
0.4 ~ 0.6

アクセスランキング(日別)

ヒメヒオウギズイセン_img
ネズミモチ_img
オウコチョウ_img
クササンタンカ_img

ランダムな花

パンジー マキシム マリナ_img
フォッサギラ・マヨール_img
変化朝顔 ’黄水晶斑入打込切咲葉青浅切咲’_img
テイカカズラ_img
ジンチョウゲ_img
コレオネマ プルクルム ’ピンクファウンテン’_img
ラシュナリア・マテウシー_img
ヤエドクダミ_img
チトニア_img
クロコショウ_img
オゼコウホネ_img
アイラトビカズラ_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved