シロツメクサ

  • シロツメクサ_img_0
    シロツメクサ @ 台場
  • シロツメクサ_img_1
    シロツメクサ @ 若洲
  • シロツメクサ_img_2
    シロツメクサ @ 若洲

基本情報

花名
シロツメクサ
英名
Trifolium repens
学名
Trifolium repens
別名
クローバー, 白詰草, Clover, white clover
原産地
ヨーロッパ
生活型
蔓性這性多年草

コメント

シロツメクサとは

シロツメクサ(白詰草、学名:Trifolium repens)は、欧州原産で、マメ科シャジクソウ属の蔓性這性多年草です。別名でクローバー(Clover)、ホワイトクローバー(White clover)、オランダゲンゲ、ウマゴヤシ(馬肥やし)とも呼ばれます。野や畑の畦道に自生し踏まれても丈夫な野草です。葉腋から花茎を出し白い小花を球状に咲かせます。花茎を根の直ぐ上から摘んで編み、腕輪や髪飾りにする遊びがあります。春から秋までの長期間咲き続けます。葉には葉柄があり、互生して付きます。稀に四つ葉もありますが、葉の多くは三つ葉(三小葉)で斑紋があります。ヨーロッパでは牧草として植えられています。仲間に、白詰草に似ていて、それより大きな紫桃色の花を咲かせるムラサキツメクサ(紫詰草、或いは赤詰草、 Trifolium pratense)があります。

一般名:シロツメクサ(白詰草)、学名:Trifolium repens、別名:クローバー(Clover)、ホワイトクローバー(White clover)、オランダゲンゲ、ウマゴヤシ(馬肥やし)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類マメ目マメ科シャジクソウ属シロツメクサ種、原産地:ヨーロッパ、草丈:10〜20 cm、葉形:3出複葉、葉縁:細鋸歯、花冠径:1.5-2 cm、開花期:4月〜10月、花径:0.1〜0.3 cm、花色:白。

詳細情報

マメ
マメ
シャジクソウ
シロツメクサ
花言葉
「幸運」、「私を思って」、「約束」 / "Good luck", "Thinking about me", "Promise" (04月02日, 06月17日, 08月29日, 08月31日)
花のタイプ
左右相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
蝶形
葉のタイプ
3出複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
4月5月6月7月8月9月10月
高さ
10 ~ 20 [cm]
花径
0.1 ~ 0.3

アクセスランキング(日別)

サルビア・レウカンサ_img
シャコバサボテン_img
サルビア・ミクロフィラ 'ホットリップス'_img
ルリハナガサモドキ_img

ランダムな花

ヒメヒオウギズイセン_img
チーゼル_img
ラミウム・マクラツム_img
ヘリコニア・ビハイ・ロブスター・クロウ_img
マルバヒユ_img
パフィオ・エメラルド ゲート 'グリーン グローブ'_img
ツバキ カガハッサク_img
ハコネギク_img
大菊 「木の松山」_img
木立性ベゴニア ホワイト・ビーチ_img
オキナワハイネズ_img
ヤマホタルブクロ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved