かぎけん花図鑑

ハマゴウ

基本情報
花名
ハマゴウ
英名
Vitex rotundifolia
学名
Vitex rotundifolia l. f.
別名
ハマハイ, 浜栲, 浜這
原産地
東アジア・東南アジア
生活型
海浜性常緑這性小低木
コメント
ハマゴウ(浜栲、学名:Vitex rotundifolia)は、東アジア・東南アジア原産で、常緑小低木です。夏に、海岸の砂地や岩場の後背地で群生します。這うように伸びた枝先に円錐花序に紫色の小花を多数付けます。葉は楕円形で葉縁は全縁で、枝と共に芳香があります。花冠は上下に分かれた口唇形で、上唇は2裂し、下唇は3裂します。4本の雄シベと、柱頭が2裂した一本の雌シベは共に長く、花から外に飛び出ています。花後に成る果実からはマンケイシと呼ばれる生薬が作られます。
一般名:ハマゴウ(浜栲)、学名:Vitex rotundifolia、分類名:植物界被子真正双子葉類シソ目シソ科ハマゴウ属ハマゴウ種、別名:ハマハイ(浜這)、分布:東・東南アジア、豪州,生息地:海岸砂浜、樹高:30〜60 cm、葉形:楕円形、葉色:緑、葉縁:全縁、花序形:円錐花序、開花期:8月〜10月、花色:紫、花形:唇形、上唇:2裂、下唇:3裂、雄蕊数:4本、雌蕊数:1本、花冠長:1.5 cm。
詳細情報
シソ
シソ
ハマゴウ
ハマゴウ
花のタイプ
左右相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
唇形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
海岸
開花時期
8月 9月 10月
高さ
30  ~ 60  [cm]
花径
1.5  ~ 1.5