ハマニガナ

  • ハマニガナ_img_0

    ハマニガナ @ 不明

基本情報

花名
ハマニガナ
英名
Hama nigana
学名
Ixeris repens
別名
ハマチョウ, 浜公孫樹, 浜苦菜, Hama nigana
原産地
日本、朝鮮半島、中国
生活型
野草の這性多年草

コメント

ハマニガナ(浜苦菜、学名:Ixeris repens)は、日本、朝鮮半島、中国原産で、キク科ニガナ属の野草の這性多年草です。日本全国の海岸の砂浜で見られます。白い地下茎は地表には出ず、砂中深く伸び、葉と花だけを地上に出します。夏に、草丈の低いタンポポ(蒲公英)に似た黄花を咲かせます。花は砂上から出た花柄先端に、12片程の舌状花を集合したものです。花茎は細く短く砂に同化した色で目立たないため、砂地から直接花が咲いているように見えます。葉もまた、砂上から葉柄を伸ばした先端に付き、3〜5片に浅裂しているのでイチョウ(公孫樹)の葉のように見えます。浜で咲き、葉が公孫樹の葉に似ていることから、別名でハマチョウ(浜公孫樹)とも呼ばれます。

一般名:ハマニガナ(浜苦菜)、学名:Ixeris repens(イクセリス・レペンス)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キク目キク科ニガナ属、別名:Hama nigana、ハマチョウ(浜公孫樹)、分布:日本全国の砂浜、茎長:100cm、草丈:3〜15 cm、葉形:掌状、葉縁:歯牙、花序:散房花序、花色:黄、花径:2~3 cm、開花期:6月〜9月、果実型:痩果。

詳細情報

キク
キク
ニガナ
ハマニガナ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散房花序
花弁の形
舌状形
葉のタイプ
掌形
葉の縁
歯状
鑑賞場所
海岸
開花時期
6月7月8月9月
高さ
3 ~ 15 [cm]
花径
2 ~ 3

アクセスランキング(日別)

キジカクシ_img
ホワイトパウダーパフ_img
クラスペディア_img
テマリソウ_img

ランダムな花

ツバキ モノノフツバキ_img
エンレイソウ_img
スギナモ_img
クマガイソウ_img
花菖蒲  ’千歳’_img
オヒシバ_img
アルパイン スカビオサ_img
ツンベルギア・フォーゲリアナ_img
ゴマ_img
ツキミソウ_img
チョウセンレンギョウ_img
ネソコドン・モーリティアヌス_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved