イワナシ

Epigaea asiatica maxim

  • イワナシ
  • イワナシ
  • イワナシ
  • イワナシ
  • 花名
    イワナシ
  • 学名
    Epigaea asiatica maxim
  • 別名岩梨, Iwanashi, arbutus
  • 原産地日本
  • 開花場所低山
  • 開花期5月, 6月, 7月

イワナシとは

イワナシ(岩梨、学名:Epigaea asiatica Maxim.)は、日本固有種でツツジ科イワナシ属の常緑小低木です。北海道~本州日本海側で山地の林内の岩場などに生息します。茎は赤褐色をしており荒毛があります。春~初夏に、総状花序に薄紅色の花を咲かせます。花は筒形で先端が5裂し外に広がります。花後に成る小さな果実は、梨の味に似ており食べられます。名前の由来は、岩場に生え、果実の味が梨に似ていることに拠ります。

一般名:イワナシ(岩梨)、学名:Epigaea asiatica、シノニム:Parapyrola asiatica、別名:Iwanashi、arbutus、果実をヂミカン(地蜜柑)、 分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツツジ科イワナシ属、分布:北海道~本州の日本海側、 環境:山地の林内、 生活型:常緑小低木、樹高:10~15 cm、茎色:赤褐色で荒毛有、葉長:5~10 cm、葉幅:3 cm、葉形:長卵形、葉序:互生、花色:薄紅、花の付き方:総状花序、花径:1~1.5 cm、花形:筒型で先端が5裂し外に広がる、開花期:5月上旬~7月上旬、
雄蘂数:10本、果実:偏球形、果実色:緑→赤褐色、果実径:1 cm、果実の可否食:可、果実型:蒴果、味:梨に似た甘み、 
用途:生食、イワナシ酒。


  • ツツジ
  • ツツジ
  • イワナシ
  • イワナシ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    総状花序
  • 花冠
    筒形
  • 葉形
    卵形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型常緑小低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ10 ~ 15 cm
  • 花径1 ~ 1 cm

ランダムな花