ムカゴイラクサ

  • ムカゴイラクサ_img_0

    ムカゴイラクサ @ 日光植物園

基本情報

花名
ムカゴイラクサ
英名
Laportea bulbifera
学名
Laportea bulbifera
別名
珠芽刺草
原産地
中国および日本
生活型
多年草、毒草

コメント

ムカゴイラクサ(珠芽刺草、学名:Laportea bulbifera)は、中国および日本原産で、イラクサ科ムカゴイラクサ属の多年草です。日本の北海道〜九州の里山や、森林、林床、藪等の暗所に自生します。雌雄同株で、上部の葉脇から長い花柄のある雌花序を出し、下部の葉脇に雄花序をつけます。茎は緑色で刺があります。葉表は緑色で、葉裏は薄深緑色をしています。葉は卵状被針形で表面に刺があります。葉縁には浅い鋸歯があり互生します。イラクサのイラとは刺のことで、葉や茎に細かい刺がありアセチルコリンとヒスタミンが含まれていて、触ると痛く蕁麻疹を発症させる有毒植物です。毒素を体内に持ちたい蝶の幼虫の食餌となります。ムカゴイラクサという花名は、イラクサの仲間で葉腋にムカゴ(珠芽)ができることから付けられました。

一般名:ムカゴイラクサ(珠芽刺草)、学名:Laportea bulbifera、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱イラクサ目イラクサ科ムカゴイラクサ属、生息分布:中国および日本の北海道〜九州、生息地:里山、森林、林床、草丈:30〜70cm、葉形:狭卵形~卵状被針形、葉序:互生、雌雄同株、開花期:8月〜9月、繁殖方法:風媒花、ムカゴ径:0.5cm、雄花序:円錐花序、雄花:花被片5、雄蕊5、雄花色:緑白色、花の出る場所:枝の下方の葉腋、雌花序:円錐花序、雌花:花被片4、花柱1、雌花色・薄緑、 花の出る場所:枝の先端の葉腋、果実型:痩果、果実形:歪な卵円形、注記:有毒植物。

詳細情報

バラ
イラクサ
ムカゴイラクサ
ムカゴイラクサ
花のタイプ
花の配列
花弁の形
葉のタイプ
狭卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
緑, 白
開花時期
8月9月
高さ
30 ~ 70 [cm]
花径
0.3 ~ 0.5

アクセスランキング(日別)

テマリソウ_img
リナリア_img
パンノキ_img
エルサレムセージ_img

ランダムな花

キヌタソウ_img
額紫陽花 モダンタイムス_img
クレマチス_img
リョクトウ_img
額紫陽花 ポージーブーケ ケーシィ _img
スノキ(酢の木)_img
エビネ_img
ゴーヤー_img
ムラサキカタバミ_img
ハリモミ_img
花菖蒲  ’雨後の空’_img
モズク_img

特集一覧

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved