かぎけん花図鑑

ムベ

基本情報
花名
ムベ
英名
Stauntonia obovatifoliola
学名
Stauntonia obovatifoliola
別名
クワアケビ, 郁子, 桑あけび
原産地
日本、中国
生活型
常緑蔓性木本
コメント
ムベ(郁子、学名:Stauntonia obovatifoliola)は、中国と日本原産で、アケビ科ムベ属の常緑蔓性木本です。日本では関東以西から九州の平野に生息します。蔓長さは5m程になります。葉柄から3〜7枚の小葉を掌状複葉につけます。小葉は緑色で、葉質は厚く皮質で光沢があり、葉縁は滑らかです。葉裏には明瞭な網状の葉脈があります。花には花弁がなく、芳香のする雄花と雌花をつけます。4月〜5月に、総状花序を伸ばし、外側が白く内側が紫色で反り返る6枚の萼片からなる小さな花(花径:2~3cm)を咲かせます。花後に緑色の果実が成ります。果実は、秋に熟して紫色になります。果実の形はアケビ(通草)と似ていますが、皮は裂けません。果実の中にある種子は甘く、無病長寿の霊果とされます。樹は盆栽や棚、生垣に、茎や根は漢方の生薬「野木瓜」となります。果肉は小さく種子が密着しているので食べ難く商業価値はありません。果実を献上された天智天皇が「むべなるかな」と言われたことが和名の由来です。
一般名:ムベ(郁子)、学名:Stauntonia obovatifoliola、シノニム:Stauntonia hexaphylla、別名:クワアケビ(桑あけび)、トキワアケビ(常葉通草)、ウベ、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キンポウゲ目アケビ科ムベ属、原産地:日本、中国、生活型:常緑蔓性木本、蔓長:5m、葉色:緑、葉身:5cm、花径(萼片径):2~3cm、花色:外側は白、内側、紫、開花期:4月~5月、結実期:10月、果実色:緑→紫、果実径:5〜6cm
詳細情報
キンポウゲ
アケビ
ムベ
ムベ
花のタイプ
花の配列
総状花序
花弁の形
無し
葉のタイプ
掌状複葉
葉の縁
全縁
鑑賞場所
野原・畦道
開花時期
4月 5月
高さ
300  ~ 500  [cm]
花径
2  ~ 3