かぎけん花図鑑

オカヒジキ

基本情報
花名
オカヒジキ
英名
Saltwort
学名
Salsola komarovii
別名
ミルナ, 岡鹿尾菜, 水松菜, Saltwort
原産地
日本、朝鮮半島、中国
生活型
一年草、野菜
コメント
オカヒジキ(岡鹿尾菜、学名:Salsola komarovii)とは、日本、朝鮮半島、中国原産で、ヒユ科オカヒジキ属の一年草です。北海道〜九州までの日本で日当たりの良い海岸の砂地に自生する多肉植物で、若い葉茎が野菜として食用となります。草丈は30cm程で、葉は緑色、線状、葉縁は滑らかで、葉は互生して付きます。盛夏から中秋に、葉腋から、蝋状〜半透明の小さな薄緑の5弁花を1つ咲かせます。花後に白い果実が成ります。それ自体に味は無いので、若い茎葉を1分間ほど湯掻き刺身のつまや、お浸し、和え物にして食べます。名前の由来はオカヒジキは緑色で、ヒジキ(鹿尾菜)は黒いので色は違いますが、姿やシャキシャキ感が海草のヒジキに似ているので、オカ(陸)ヒジキと命名されました。別名でミルナ(水松菜)、英名ではSaltwortと呼ばれます。
一般名:オカヒジキ(岡鹿尾菜)、学名:Salsola komarovii、分類名:植物界被子植物真正双子葉植物綱ナデシコ目ヒユ科オカヒジキ属オカヒジキ種、別名:ミルナ(水松菜)、Saltwort、生息分布:北海道〜九州の日本、朝鮮半島、東アジア、生息環境:海岸の砂地 、草丈:30cm、葉質:多肉質、葉色:緑、葉形:線状、葉長:1.5cm、毛の状態:無、葉柄:無、葉縁:全縁、葉序:互生、花色:蝋状〜半透明の薄緑、花弁数:5枚、開花期:7月〜10月、果実色:白、食用とする部分:若い葉茎、料理方法:茎葉を1分ほど湯掻き刺身のつまや、お浸し、和え物にする、備考:塩生地。
詳細情報
ナデシコ
ヒユ
オカヒジキ
オカヒジキ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
総状花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
線形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
海岸
開花時期
7月 8月 9月 10月
高さ
30  ~ 30  [cm]
花径
 ~