マコンブ

  • マコンブ_img_0
    マコンブ @ 自宅
  • マコンブ_img_1
    マコンブ @ 自宅

基本情報

花名
マコンブ
英名
Sea tangle
学名
Saccharina japonica
別名
Sea tangle, Saccharina japonica, 真昆布
原産地
ロシア、日本、韓国
生活型
海草、2年草の褐藻

コメント

マコンブとは

マコンブ(真昆布、学名:Saccharina japonica)は、ロシア、日本、韓国原産で、コンブ科コンブ属の2年草で褐藻の総称です。水深10 m以下の浅海岩礁に自生します。長さは1~5 m、幅は5~15 cm、厚さは0.5 cm程でう。体色は生きているときは茶褐色をしていますが、加熱すると鮮緑色になります。褐藻なので花は咲かず、胞子があります。漁期は夏~秋です。和風料理の出汁や、昆布巻き、塩昆布、佃煮に使われます。日本では圧倒的に北海道が多く、青森〜宮城県でも採れます。

一般名:マコンブ(真昆布)、学名:Laminariaceae Bory、シノニムス:Laminaria japonica、分類目:真核生物クロムアルベオラータ界ストラメノパイル亜界不等毛植物門褐藻綱コンブ目コンブ科コンブ属マコンブ種、別名:Sea tangle、原産地:ロシア、日本、韓国、分布:水深:〜10 m 漁期:7〜10月、体長:1〜5 m、体幅:5〜15 cm、体厚:0.5 cm、体色:茶褐色、用途:料理の出汁、昆布巻き、塩昆布、佃煮。

●昆布とは
体色は茶褐色で、幅広い帯状の体形をしています。体質はアルカリ性で、髪に良いヨードや、ビタミンA、カルシウムなどのミネラル成分が豊富で、滋養に富んだ優れた食品として知られます。

●昆布の種類
マコンブ(真昆布、学名:Saccharina japonica)や、ラウスコンブ(羅臼昆布、オニコンブ、学名:Saccharina diabolica)、京料理で使われるリシリコンブ(利尻昆布、学名:Saccharina ochotensis)、早煮昆布のミツイシコンブ(三石昆布、日高昆布、学名:Saccharina angustata)、沖縄料理で使われるナガコンブ(長昆布、学名:Saccharina longissima)などがあります。

●昆布料理
干して乾燥させた「ダシ用昆布」、昆布を削った「とろろ昆布」、魚を巻い「昆布巻」、乾燥昆布を細かく切った「刻み昆布」、昆布を一口大に切って結んだ「結び昆布」はおでんに、刻み昆布を数の子、スルメなどと醤油でつけた「松前漬け」、刻み昆布とそれぞれ紫蘇や、胡麻、生姜などと炊いた「佃煮」、塩を塗した「塩昆布」などがあります。

詳細情報

コンブ
コンブ
コンブ
マコンブ
花のタイプ
花の配列
花弁の形
葉のタイプ
葉の縁
鑑賞場所
海岸
開花時期
高さ
100 ~ 500 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
サンタンカ_img
ネジバナ_img
オウコチョウ_img

ランダムな花

球根ベゴニア ペアルケイ_img
シャゼンムラサキ_img
ツボミナ_img
トラデスカンチア・アンダーソニアナ_img
キツネノボタン_img
イジュ_img
シラー・ペルビアナ_img
サワグルミ_img
ローズマリー_img
ウンシュウミカン_img
イングリッシュ・ブルーベル_img
セルリアカルメン_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved