シホウチク(四方竹)

  • シホウチク(四方竹)_img_0
    シホウチク(四方竹) @ 不明

基本情報

花名
シホウチク(四方竹)
英名
Show chic (square bamboo)
学名
シホウチク(四方竹)
別名
シカクダケ(四角竹)
原産地
中国
生活型

コメント

シホウチク(四方竹)とは

シホウチク(四方竹) とは、秋に収穫され食用となる茎断面が四角い
イネイネタケ亜科シホウチク属の常緑多年草の筍です。

通常の竹は、茎断面が丸いのに対し、これは四角くなっています。
茎の根元の節に将来、根となる気根が疣状突起で出ているので、「イボダケ(疣竹)」とも呼ばれます。
また、茎断面が四角いことから、シカクダケ(四角竹)、英名でも「Square bamboo」と呼ばれます。

茎の細い筍で、出荷時に塩漬けされているものは塩抜き後、味付けして食べます。
素材は淡白な味で筍特有の歯ごたえがあり、シャキシャしています。
炊き込みご飯や、煮物、炒め物、天婦羅などにして食べる他、
生垣や庭、庭園の植え込みに利用されます。
高知県南国市白木谷の特産品になっています。

一般名:シホウチク(四方竹)
学名:Tetragonocalamus quadrangularis
分類名:植物界被子植物門単子葉植物綱イネイネタケ亜科シホウチク属
別名:シカクダケ(四角竹)、イボダケ(疣竹)、Square bamboo
原産地:中国
特産地:高知県 
草丈:2〜7m 直径:2cm 形:細長く茎断面は四角 
筍収穫時期:10月中旬〜11月初旬 味:癖が無く、咬み応えはシャキシャキしている 
筍色:緑 葉:細い 
用途:食用、生垣や庭、庭園の植え込み 

詳細情報

イネ
イネ
タケ亜科シホウチク
花のタイプ
花の配列
花弁の形
葉のタイプ
葉の縁
鑑賞場所
開花時期
高さ
2 ~ 7 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

シャコバサボテン_img
チューリップ_img
オウコチョウ_img
ゴジアオイ_img

ランダムな花

シャムソケイ_img
ツバキ アヤメドリ_img
アベリア_img
ユキモチソウ_img
サンビタリア_img
トルコギキョウ 'マシェリピンク' _img
ジンダイアケボノ_img
シロホトトギス_img
サギソウ_img
タビラコ_img
ハナゴケ_img
ヒマラヤスギ_img

特集一覧

Copyright © 2020 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved