フキ

  • フキ_img_0
    フキノトウ
    フキ @ 二条城
  • フキ_img_1
    フキ @ 京都府立植物園
  • フキ_img_2
    フキ @ 京都府立植物園
  • フキ_img_3
    フキ @ 京都府立植物園
  • フキ_img_4
    フキ @ 京都府立植物園
  • フキ_img_5
    フキ
    フキ @ 伊豆四季の花公園
  • フキ_img_6
    フキ @ 小田原PA
  • フキ_img_7
    フキ @ 赤塚植物園

基本情報

花名
フキ
英名
Petasites japonicus
学名
Petasites japonicus
別名
Edible burdock, Fuki, 蕗, フキノトウ
原産地
日本
生活型
多年草の山菜

コメント

フキとは

フキ(蕗、学名:Petasites japonicus)は、日本原産で、初春、草丈が低く黄色または黄緑色の花を咲かせるキクキク科フキ属の多年草の山菜です。地下茎から花茎を出して花(フキノトウ、ふきのとう、蕗の董)を咲かせ、花後に、雌株は花茎を伸ばして成実します。雌雄異株でそれぞれ頭花を伸ばし、雌株は糸状の白花を咲かせ、雄株は薄黄色の筒状花を咲かせます。花が咲き終わった後、地下茎から葉柄(フキ、蕗)を伸ばします。
繁殖は地下茎で行いますが、地下茎は有毒なので食べられません。食用となる部分は、花(フキノトウ)と、花後に伸びる葉柄(フキ)です。フキのブランドには、ラワンブキ(北海道)や、秋田蕗(秋田)などがあります。通常出回っているものは栽培されたミズブキ(水蕗)であることが多いです。アイヌの伝承では、フキの葉の下にコロポックル(Koropokkur)という妖精(小人)が住むとされます。

●フキの調理方法-山菜の例にもれず、フキはアクが強いので、アク抜き後に調理します。

●代表的な食べ方-醤油と日本酒、砂糖で煮詰めて濃いきゃらいろ(伽羅色)にし濃付けも濃い佃煮にした「キャラブキ(きゃらぶき、伽羅蕗)」やフキを醤油と鰹節で煮た「蕗の土佐煮」、また漢方としても用いられます。

●家畜には有毒-花と茎は人間の食用になりますが、ウマ(馬)や、シカ(鹿)などの草食動物には有害で酔ったようになります。アセビ(馬酔木)と同様、家畜はフキを食べません。本能的に毒であることを知っているのでしょうね。

一般名:フキ(蕗)、学名:Petasites japonicus、別名:Fuki(フキ)、Giant Butterbur、分類名:植物界被子植物真正双子葉類キクキク科フキ属、原産地:日本 分布:北海道〜本州、四国、九州の日本、朝鮮半島、中国、サハリン、草丈:20~30 cm 葉柄色:薄緑 葉形:腎臓状円形、雌雄異種、花色:白(雌株)、薄黄(雄株)、小花の径:0.7~1 cm、開花期:2月〜5月(フキノトウ)、3〜10月(葉柄)。

詳細情報

キク
キク
フキ
フキ
花言葉
公平 / Fair (02月16日)
花のタイプ
放射相称花
花の配列
頭状花序
花弁の形
糸状
葉のタイプ
円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
野原・畦道
緑, 黄
開花時期
2月3月4月5月
高さ
20 ~ 30 [cm]
花径
0.7 ~ 1

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
オウコチョウ_img
シロザ_img
キバナヨウラク_img

ランダムな花

フジ_img
パンノキ_img
ニューギニア・インパチェンス_img
ミヤマガマズミ_img
ツバキ シュンショコウ_img
ウメバチソウ_img
ハタケニラ_img
ヤナギバルイラソウ_img
中国春蘭 蓮瓣蘭 桃花 '惜春'_img
カジイチゴ_img
タマノカンアオイ_img
アイスランドポピー_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved