ホンダワラ

  • ホンダワラ_img_0

    ホンダワラ @ 城ヶ崎海岸

基本情報

花名
ホンダワラ
英名
Sargassum
学名
Sargassum fulvellum
別名
Gulf weed, 神馬藻, ジンバソウ
原産地
温帯域〜熱帯域の海域
生活型
一年生海藻

コメント

ホンダワラ(学名:Sargassum fulvellum)は、温帯域〜熱帯域の海域の潮間帯に群生するホンダワラ科の一年生海藻です。10数メートルにもなる体は、根、茎、葉から構成され、全体的に茶褐色をしています。乾燥させると藻色は、茶褐色から鮮緑色に変わります。葉には切れ込みがあり、果実のような楕円形をした気泡があり、中に気体が入っているので体全体が上方に向かいます。体上方に有性生殖器官があります。食用や肥料とされます。

一般名:ホンダワラ、学名:Sargassum fulvellum 、分類名:(真核生物)クロムアルベオラータ界ストラメノバイル亜界不等毛植物門褐藻綱ヒバマタ目ホンダワラホンダワラ属 、別名:Gulf weed神馬藻(じんばそう、古名)
生息分布:温帯域~熱帯域の海域、生息環境:潮間帯に群生、生活型:一年生海草、 全長:10数メートル、色:赤茶色(活き)、鮮緑色(乾燥)、備考:有性生殖器官を持つ、用途:食用、肥料。

詳細情報

ヒバマタ
ホンダワラ
ホンダワラ
ホンダワラ
花のタイプ
花の配列
花弁の形
葉のタイプ
羽状形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
海岸
開花時期
高さ
100 ~ 1000 [cm]
花径
 ~

Copyright © 2019 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved