オキナワハイネズ

  • オキナワハイネズ_img_0
    オキナワハイネズ @ 小石川植物園
  • オキナワハイネズ_img_1
    オキナワハイネズ @ 小石川植物園

基本情報

花名
オキナワハイネズ
英名
Juniperus lutchuensis
学名
Juniperus taxifolia var. lutchuensis
別名
沖縄這杜松
原産地
沖縄
生活型
常緑匍匐性針葉低木

コメント

オキナワハイネズとは

オキナワハイネズ(学名:Juniperus taxifolia var. lutchuensis)は、沖縄原産で、ヒノキ科ビャクシン属の常緑匍匐性針葉低木です。日本の太平洋側~沖縄諸島の海岸沿いの岩場に自生します。樹高は1 m程で、幹や枝が地面に這い2~4 m程伸びます。緑色の針状の葉3枚が輪生します。葉裏面には2条の白線が有ります。2月~4月に茶褐色の花を咲かせますが、あまり目立ちません。花後にマツカサが出来ます。盆栽などに用いられます。

一般名:オキナワハイネズ(沖縄這杜松)、学名:Juniperus taxifolia var. lutchuensis、分類名:植物界裸子植物門マツ綱ヒノキ目ヒノキ科ビャクシン属シマムロ種オキナワハイネズ変種、原産地:日本(琉球)、生息分布:日本の太平洋側~沖縄島、生活環境:海岸沿いの岩場、生活型:常緑匍匐性針葉低木、樹高:100 cm、幹長:2~4 m、樹皮色:赤褐色、葉形:針形、葉長:10 cm、葉序:3個輪生、葉裏面:2条の白線有り、雌雄異株、花色:灰褐色、雄花序:葉腋に付き長楕円形で花長0.4 cm、開花期:2月~4月、果実型:漿果/球果(マツカサ)、結実期:翌年1月~4月、果実形:球形、果実径:1 cm、果実色:紫褐色、用途:防砂防風用樹、グランドカバー、盆栽。

詳細情報

マツ
ヒノキ
ビャクシン
オキナワハイネズ変種
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
その他
葉のタイプ
針形
葉の縁
全縁
鑑賞場所
海岸
開花時期
2月3月4月
高さ
100 ~ 100 [cm]
花径
0.4 ~ 0.4

アクセスランキング(日別)

サンタンカ_img
オウコチョウ_img
ルリハナガサモドキ_img
キバナヨウラク_img

ランダムな花

アリサンヒメバラン_img
オタカラコウ_img
ピンクジンジャー_img
グズマニア・マグニフィカ_img
ヨモギ_img
アメリカデイゴ_img
ミスミソウ_img
シルバー・スウォード_img
ハナツルボラン_img
イトバショウ_img
ヒメアレチハナガサ_img
ポドカルプス ネリイフォリウス_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved