スノキ

  • スノキ_img_0
    スノキ @ 筑波実験植物園

基本情報

花名
スノキ
英名
Vaccinium smallii
学名
Vaccinium smallii var. glabrum
別名
酢の木, 小梅, 酸木
原産地
日本
生活型
落葉性低木

コメント

スノキとは

スノキ(酢の木、Vaccinium smallii var. glabrum)は、日本原産で、ツツジ科スノキ属の落葉性低木です。本州〜四国の山地林縁に生息します。
樹高は2 mに達せず樹形は根元からよく分枝します。枝は緑色をしています。葉は夏は緑色で秋に赤く紅葉します。花名は、葉を噛むと酸っぱいことから命名されました。葉は互生し卵状楕円形で先端が尖ります。枝から、総状花序を出し、疎らに下向きの花を付けます。
花は緑色でベル型、赤筋が入り、先端が5裂して反り返ります。雄蕊の数は10本です。花後に黒紫色の果実が成り食べられます。

同じスノキ属に、アクシバ(灰汁柴) や、ブルーベリー(Blue berry)、シャシャンボ(小小坊) 、などがあります。

一般名:又名:酸木、小梅、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ツツジ目ツツジ科スノキ属、葉序:互生、葉形:卵状楕円形、葉序:互生、花序径:総状花序、花冠形:鐘型、花色:緑白色で赤筋有り、開花期:5月~6月、結実期:6月~7月、果実色:黒紫色、果実型:液果。

詳細情報

ツツジ
ツツジ
スノキ
スノキ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
円錐/複総状花序
花弁の形
鐘形
葉のタイプ
楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
低山
緑, 白
開花時期
5月6月
高さ
100 ~ 200 [cm]
花径
 ~

アクセスランキング(日別)

アリウム・ギガンテウム_img
ネジバナ_img
ルリハナガサモドキ_img
ハルシャギク_img

ランダムな花

バンクシアオレンジフロスト_img
カジノキ_img
オオデマリ_img
サラダバーネット_img
サキシフラガ・ポリアングリカ_img
ヌマツルギク_img
ヘリコニア・マリアエ_img
シラハギ_img
リュウケツジュ_img
チオノドクサ_img
カシューナッツ_img
花菖蒲 ’小町娘’_img

特集一覧

Copyright © 2021 Science & Technology Inst., Co. All Rights Reserved