かぎけん花図鑑

センダン

基本情報
花名
センダン
英名
Beadtree
学名
Melia azedarach
別名
オウチ, 栴檀, 棟, Beadtree, Sendan, Cape Lilac, Chinaberry
原産地
日本、中国、西アジア
生活型
落葉高木
コメント
センダン(栴檀、学名:Melia azedarach)は、日本、中国、西アジア原産で、センダン科センダン属の落葉高木です。初夏に花房(複集散花序)に薄紫色の小花を多数付けます。葉は緑色の複葉で、秋に落葉します。花後に果実が数珠成りに成り、緑色から黄褐色に熟します。落葉後も暫く果実は落ちずに残ります。残念ながら、果実には悪臭があります。香の良いのはビャクダン(白檀、学名 Santalum album)の方です。樹木は公園樹や庭木等の植栽に、材は家具や楽器、木魚等に、果実・樹皮・根皮は駆虫剤に用いられます。
「栴檀は双葉より芳し」という故事があります。栴檀は若芽の時から芳香があるものだ、転じて能力のある者は幼少の頃から抜きん出ているという意味合いで使われます。しかし、それはインドの白檀を中国名で栴檀と言っているもので、本種ではありません。また、インドの白檀も双葉の頃は匂いがしないのでその故事にも誤りがあります。
一般名:センダン(栴檀)、学名:Melia azedarach、別名:Sendan、Beadtree、Cape Lilac、Chinaberry、オウチ(棟)、センダマ(千珠)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類ムクロジ目センダン科センダン属、原産地:日本、中国、西アジア、生活型:落葉高木、樹高:5〜30 m、樹皮色:暗紫褐色、葉形:奇数羽状複葉、葉序:互生、小葉の形:卵形、小葉身:3〜6 cm、葉身長:90 cm、葉縁:鋸歯有り、花序:複集散花序、開花期:5月〜6月、花色:薄紫、花弁数:5、小花径:2 cm、雄蕊:紫色で筒状に合着、果実型:核果、結実期:10月、果実長:2 cm、果実色:緑→黄褐→薄黄、果実径:長楕円形、種子:薄灰黄色で10本の稜がある。
詳細情報
ムクロジ
センダン
センダン
センダン
花のタイプ
放射相称花
花の配列
複集散花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
奇数羽状複葉
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
庭 公園
開花時期
5月 6月
高さ
500  ~ 3000  [cm]
花径
2  ~ 2