かぎけん花図鑑

ヒュウガナツ

基本情報
花名
ヒュウガナツ
英名
Hyuganatsu
学名
Citrus tamurana
別名
日向夏, コナツ, ニューサマーオレンジ, New Summer Orange, Hyuganatsu
原産地
宮崎県(日本)
生活型
常緑低木
コメント
ヒュウガナツ(日向夏、学名:Citrus tamurana)は、日本原産で、ミカン科ミカン属の常緑低木・果樹です。枝には棘があります。日向(現在は、宮崎県)で、江戸時代に偶然実生されました。果実は甘く多汁の食用となるかんきつ類です。
初夏に、黄色い果皮で表面がつるつるした球形で小型の果実が成ります。果実は黄色い外皮を剥いて、内側の白い部分(ない果皮)ととも果肉を食べます。高知県など他県でも栽培され、コナツ(小夏)や、トサコナツ(土小湖夏)、ニューサマーオレンジ(New Summer Orange)という名前で出荷されています。
一般名:ヒュウガナツ(日向夏)、学名:Citrus tamurana、分類名:植物界被子植物門双子葉植物綱ムクロジ目ミカン科ミカン属
、原産地:宮崎県、樹形:立性、樹高:2-3 m、葉長:8-12 cm、葉形:披針形、葉縁:浅鋸歯、葉序:互生、花色:白、開花期:5月-6月、花の形:五弁花、花径:3-3.5 cm、果実型:液果、果実形:横にやや平らな球形、果樹径::8-10 cm、結実期:10月~11月(未熟)、収穫期:翌年5月、備考:他家結実性、用途:庭植え、果樹。
詳細情報
ムクロジ
ミカン
ミカン
ヒュウガナツ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
単頂花序
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
卵形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
開花時期
5月 6月
高さ
200  ~ 300  [cm]
花径
3  ~ 3.5