かぎけん花図鑑

カナメモチ

基本情報
花名
カナメモチ
英名
Photinia glabra
学名
Photinia glabra
別名
Japanese photinia , 要黐, Photinia glabra
原産地
中国、日本
生活型
常緑広葉低木
コメント
カナメモチ(要黐、学名:Photinia glabra)は、中国、日本原産で、バラ科カナメモチ属の常緑広葉低木です。一風変わっており、春先に葉が紅葉し、冬に緑色となります。新芽の頃の紅葉は、アントシアニンという成分で葉が赤くなります。春〜初夏に、散房状花序を伸ばし、白い小さな五弁花を枝先に付けて泡のように見えます。カナメモチ(Photinia glabra)とオオバカナメモチ(Photinia serrulata)の交配品種にレッド・ロビン(Photinia×fraseri)があります。レッド・ロビンはベニカナメモチより新芽の赤が濃く、葉が大きくて柔らかく、葉縁の鋸歯は控えめです。どの木も庭の生垣や、街路樹、公園樹として植えられます。
一般名:カナメモチ(要黐)、学名:Photinia glabra、別名:Japanese photinia 、アカメモチ(赤芽黐)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科カナメモチ属、原産地:中国、日本、樹高:5 m、樹皮色:灰黒〜黒褐、葉の観賞期:4月〜、葉質:皮質、葉長:5〜10 cm、波形:長楕円形〜狭卵形、葉縁:小さな鋸歯、葉序:互生、葉柄:短、開花期:5〜6月、花序形:散形花序、花序径:10 cm、花色:白〜白桃、花径:0.7〜0.8 cm、花形:5弁花、果実:球形で秋に赤く熟す。
詳細情報
バラ
バラ
カナメモチ
カナメモチ
花のタイプ
放射相称花
花の配列
散形花序/傘形
花弁の形
5弁形
葉のタイプ
長楕円形
葉の縁
鋸歯状
鑑賞場所
庭 公園 街路、植栽 墓地・寺院
開花時期
高さ
300  ~ 500  [cm]
花径
0.3  ~ 0.5