オオカナメモチ

Photinia serratifolia

  • オオカナメモチ
  • オオカナメモチ
  • オオカナメモチ
  • オオカナメモチ
  • オオカナメモチ
  • オオカナメモチ
  • 花名
    オオカナメモチ
  • 学名
    Photinia serratifolia
  • 別名ナガバカナメモチ, Photinia serrulata, 大要糯, Taiwanese photinia, Chinese photinia
  • 原産地中国・台湾
  • 開花場所庭, 街路、植栽
  • 開花期4月, 5月, 6月
  • 花言葉 「賑やか」

オオカナメモチとは

オオカナメモチ(大要糯、学名:Photinia serratifolia)は、中国、台湾原産で、バラ科カナメモチ属の暖地性の常緑広葉低木です。標高1000~2500 mの場所で自生します。通常、私達が見ているのは、カナメモチ(要黐、学名:Photinia glabra)です。大要糯(P. serratifolia)は、要黐(P. glabra)より大型です。葉身長は大要糯(P.serratifolia)が10~20 cmになるのに対し、要黐(P. glabra)は5〜10 cmです。
要糯(P. serratifolia)と要黐(P. glabra)の交配品種にレッド・ロビン(Photinia×fraseri)があります。いずれも、庭の生垣や、街路樹、公園樹として植えられます。

一般名:オオカナメモチ(大要糯)、学名:Photinia serratifolia、シノニム:Photinia serrulata、又名:Taiwanese photinia、Chinese photinia、ナガバカナメモチ(長葉要糯)、タロコビワ、テツリンジュ(鉄林樹)、分類名:植物界被子植物真正双子葉類バラ目バラ科カナメモチ属、原産地:中国、台湾、樹皮色:灰褐色、樹高:400~1000 cm、葉質:皮質で光沢有、葉縁:棘状のギザギザ、葉色:緑色、葉序:互生、葉形:先端が尖った楕円形、葉身長:10~20 cm、葉幅:4~8 cm、開花期:4月~6月、花序形:散房花序~複散房花序、花色:白、花径:0.6~0.8 cm、果実径:0.6~0.8 cm、果実形:球形、果実色:赤熟、用途:垣や、街路樹、公園樹。


  • バラ
  • バラ
  • カナメモチ
  • オオカナメモチ
  • 花のタイプ
    放射相称花
  • 花序
    散房花序
  • 花冠
    5弁形
  • 葉形
    楕円形
  • 葉縁
    鋸歯状
  • 生活型暖地性の常緑広葉低木
  • 花の色
  • 葉の色
  • 実の色
  • 高さ400.0 ~ 1000.0 cm
  • 花径0.6 ~ 0.8 cm

ランダムな花